今月の文化 2019年1月

みなさんこんにちは。

1月になったので段々寒くなってきましたね。
日本では、今回のお正月が平成の最後のお正月になるので、たくさんのお店やテレビの番組では「平成最後!」という言葉をたくさん使っていました。
いつもと同じお正月ですが、何かが最後になるということは何か特別な事のように感じますね。
Hello everyone.
It’s January and it’s getting colder and colder. Since this year is the last year of the Heisei Era, I’ve seen a lot of “last chance in Heisei” ads at stores and on TV. This year is the same as every other year, but it makes it sound special when you hear “this is the last chance for ___!”

さて、お正月には色々な週間があります。食べ物や飾る物、作る物、色々とお正月ならではの特別なものがありますが、今回はお年玉について紹介しようと思います。
On the New Year’s Day, there are a lot of Japanese customs dealing with what to eat, make, and decorate. This time, I will introduce you one New Year’s Day custom: otoshidama.

現代のお年玉は、お正月の日 (1月1日) に大人から子供にお金を渡すことです。お年玉袋という袋に年齢によってお金を入れて渡します。お正月には親戚の家に挨拶に行ったり、遠方の親戚が遊びに来たりするのでたくさんの大人と子供が集まります。子供にとってはたくさんのお金がもらえるチャンス!ですが、大人にとっては大きな出費になることもあります。
In the modern era, otoshidama are presents of money given by adults to young children on January 1st. Adults put some money in a special envelope called an otoshidama bukuro. The amount varies depending on the recipient’s age. On New Year’s Day, families who live far away come back to their hometowns, so a lot of adults and children gather together in one place. For children, New Year’s Day is a big chance to get money, but for adults it can be a huge expense.

昔のお年玉はお金ではなくてお餅を配っていました。これは鏡餅というお餅で、今でもそのお餅を年末からお正月に飾る習慣があります。この鏡餅は、1月1日に歳神 (としがみ) 様という神様をお迎えするために準備するお供え物ものです。丸い餅を2つ重ねて置きます。この餅を1月1日に家長が家族に分けることをお年玉と言いました。
In the past, people gave mochi instead of money. This mochi is called kagami mochi. People still decorate their houses with kagami mochi over the holiday. Kagami mochi is a gift for toshigami-sama, the god who comes on New Year’s Day. Kagamimochi is a pair of round mochi stacked one on top of the other. On the New Year’s Day, the head of the house would distribute kagamimochi to the household members. That is the origin of otoshidama.

お餅を分ける習慣がお金に変わったのは江戸時代くらいだそうです。今でも鏡餅を置きますが、家族に分けるのではなく皆で食べるようになりました。
The mochi-distributing custom changed to money during the Edo Period. People still make kagamimochi, but nowadays they eat it with family members on New Year’s Day.

お年玉の金額は「年齢による」と言いましたが、子供の年齢が上がると、お年玉の金額が上がります。一般的な金額は以下のとおりです。
As I said earlier, the money in each otoshidama varies depending on the recipient’s age. In general, the price range is like this:

3~6歳  :500円~1000円

7~10歳 :1000円~2000円

10~12歳:3000円

13~15歳:5000円

16~18歳:5000円~10,000円

お年玉をもらう年齢は、高校を卒業する18歳までという家庭もありますし、大学生になってもあげるという家庭もあるそうです。
Some families stop giving otoshidama when their children graduate high school, but some families keep giving otoshidama even to college students.

お年玉に使うお金は、皺(しわ)がないきれいなお札(さつ)を使います。小さなお年玉袋を使うときは、人の顔が書いてある面が表ですから、その部分を内側にしてお札を折って袋の中に入れます。そうすると、もらった人が開いた時に表が見えるという事です。
For otoshidama, you need to use crisp, unwrinkled paper money. The side of the money with a person’s portrait is the front. Therefore, if you have to fold the money to put it into a small envelope, you should made sure the person’s face is folded on the inside, so when the recipient unfolds the bill, they see the face.

4という数字は悪い数字だと考えられていますから、お年玉の金額は4という数字が入らないように注意しなくてはいけません。
Number 4 is considered an unlucky number, so you should not give sums of money that include the number 4.