今月の文化 2019年2月

去年の2月には節分の紹介をしました。そこで、節分では恵方巻という巻きずしを食べますという話をしました。
Last year I introduced Setsubun, and I mentioned that people eat a special type of futomaki (thick sushi roll) called ehomaki.

今回は、その恵方巻について、もう少し詳しく説明をしようと思います。
恵方巻を食べる習慣が始まったのは、江戸時代末期~大正時代という説があります。
節分にその年の恵方を向いて食べると、縁起が良いと伝えられています。恵方というのは、歳徳神(とくとくじん)という神様がいる方角です。歳徳神は福の神様だそうです。恵方は4種類あって、毎年変わりますから、今年の恵方はどこか調べてから恵方巻を食べるといいでしょう。
This year, I will tell you more about ehomaki. The custom of eating ehomaki evolved during the Edo and Taisho Eras. It was said that if you eat ehomaki while you are facing towards eho, you will have good luck. Eho is the direction where Tokutokujin, a god of luck is located. Tokutokujin’s direction changes every year. You need to discover this year’s eho before you eat ehomaki.

恵方巻を食べる習慣は関西から始まったそうですが、どんどんと全国に広がっていきました。大阪歴史博物館という所には、昭和15年に出された広告が展示されているそうです。
It is believed that the ehomaki custom started in the Kansai area first, and expanded outwards gradually. In the Osaka Museum of History, you can see advertisements for ehomaki which were published in Showa 15 (1940).

昔はシンプルな太巻きだったのですが、福を呼ぶ神様で有名なのは七福神です。七福神にちなんで、7種類の具材を入れて太巻きを作るそうです。基本的に入っているのは、卵焼きやきゅうりやシイタケなどです。たくさんの具材が入っているので、とても大きいです。
Ehomaki used to be a simple maki sushi, but nowadays people eat a big futomaki with seven kinds of ingredients. Seven is considered a lucky number because of the famous seven lucky gods, the shichifukujin. The standard ingredients include cooked eggs, cucumbers, shitake mushrooms, and so on. Due to the number of ingredients, ehomaki became very big.

最近、コンビニやスーパーなどで、大量の恵方巻が2月4日に捨てられるというニュースがありました。本当にたくさんの売れ残った恵方巻が捨てられているという事がわかって、人々はショックを受けました。
今年は、予約の数だけ作るようにしたりして、売れ残りの恵方巻を作らないように色々な会社が努力をしたそうです。
お金があれば色々な事ができる世の中になりましたが、大事なのは「もったいない」の心だと思います。使えるものは最後まで使い、食べ物を捨てないようにしないといけませんね。

Recently, I read some sad news about ehomaki. A lot of unsold ehomaki have to be thrown away on February 4th. When people saw the pictures of the discarded ehomaki, they were shocked at the waste. Due to the news, many supermarkets and sushi stores now only make ehomaki for people who ordered in advance to reduce the amount of wasted food.

Everything has become convenient these days, so we can get many things with just a little money. I think an important word to know is mottainai, it means “try not to waste things.” We should use things until they breaks, and people should try to reduce the amount of wasted, uneaten food.