今月の文化 2019年6月

みなさんこんにちは。

今年の6月は涼しくて、快適でした。日本の色々な県で「梅雨入り」が発表されていますので、もう日本のほとんどは梅雨になっています。

きっと7月くらいから、湿度があがってジメジメとしてくると思います。夏は気温も高いし、湿度も高いし、外出するのが億劫(おっくう)になりますね。

Hello everyone

This year’s June wasn’t too bad. It was cool and comfortable. A lot of prefectures have officially said they have entered the tsuyu season, so most of Japan is experiencing tsuyu now.

The humidity and temperature will go up in July, and that will make us hesitate to go outside.

さて、今月は「茅の輪くぐり」という行事を紹介します。茅の輪というのは、茅(ちがや/かや)という植物で大きな輪です。茅の輪くぐりと言うのは、1年に2回(夏の1回だけという所もある)、茅の輪の中をくぐって、無病息災(むびょうそくさい)を願うという行事です。
This month, I will introduce you to a Shinto event: Chinowa kuguri. A chinowa is a big circle made of a kind of reed called chigaya or kaya. Chinowa kuguri means making a chinowa and walking through it to wish for good luck. Some place do this twice a year, and some do it only in the summer.

この行事の由来は、日本の神話にあります。昔、蘇民将来(そみんしょうらい)という人が、素盞鳴尊(すさのおのみこと)に宿を貸してあげたので、そのお礼に、「茅の輪を腰につけていると、疫病を避けることができる」と教えてもらったという話です。その後、蘇民将来は難を逃れることができたという事でした。それから、無病息災(むびょうそくさい)のために、茅の輪を腰につけるという習慣ができましたが、江戸時代くらいから、大きな茅の輪をつくって、人々がその輪の中をくぐるという習慣に変わりました。
The event originates in Japanese mythology. Once upon the time, the god Susanoo-no-mikoto asked Somin-shourai to let him stay at his house for one night. Somin generously let Susanoo use his house. In return, Susanoo told him, “To avoid bad luck, you should tie a small chinowa on your hip.” Somin-shorai did this, and was able to avoid many bad things. People copied the custom and started tying chinowa on their hips, hoping to have a peaceful life. During the Edo Period, the custom changed from wearing a small chinowa to passing though a big chinowa.

茅の輪くぐりは、1年の前半期のけがれをきれいにして、この後の半年も無事に過ごせるようにお祈りをする行事です。夏越の祓(なごしのはらえ)という儀式の中で行います。毎年6月30日に行っています。
Chinowa-kuguri is performed in order to purify yourself from the first half of the year and to wish for a peaceful second half of the year. Chinowa-kuguri is a part of an ceremony called Nagoshi-no-harae, held every June 30th.

輪のくぐり方は神社によって違いますが、基本的には、輪の前で1礼して、左足から輪に入って左に回ってまた正面に行く。次に、1礼して、右足から入って右に回って正面に行く。という風にするので、上から見ると8の字を書くように回るという事になります。
最後にもう一回左に回って、合計3回輪の中をくぐるというところと、2回という所と、1回だけという所があります。
The way you pass through the chinowa depends on the specific shrine. One basic way goes like this: first, you bow in front of the ring and step though starting with your left foot, then pass through and walk back taking the left path. Then you do the same thing with your right foot and take the right path back. If you were to see the ritual from above, it would look like people were making a figure 8 by walking through the chinowa. Some shrines require you to do it 3 times (left-> right -> left) and other shrines require to do it only one time (just left.)

茅の輪をくぐるときに、頭の中で言葉を唱えるそうですが、これも神社によって違うそうなので、自分が行った神社で聞いてみてくださいね。
When going through the chinowa, people often say specific sentences in their head, but what you say also depends on the shrine. Usually, shrines have a written description by the chinowa, so you can follow the instructions.