今月の文化 2021年 6月 ヒートウェーブ

6月に入ると雨が降る日が増えますね。晴れの日が続くと湿度が高くてジメジメとして梅雨らしい天気になるので嫌ですが、雨が降ると少し涼しくなります。これが7月や8月になると雨が降っても暑いのでエアコンなしでは過ごしにくくなっていきますね。
We often start to see lots of rain in June. If it’s sunny, the air gets humid and wet, like during tsuyu. However, during tsuyu it gets cooler after rain falls. In July and August, the temperature stays high even after a rain, so it’s hard to live without air conditioning.

暑くなると言えば、最近はアメリカやカナダの、普段は涼しい地域が非常に暑くなっているそうです。毎日40℃以上の気温だそうですから、本当に大変だと思います。
Speaking of getting hotter, I read about the recent heat wave in northwestern America. That area is usually cool and comfortable in the summer, but right now it’s hotter than 40°C. I can’t imagine how terrible that must be…

本当に天気の予測が難しくなっているので、梅雨になったから雨が多いとか、夏になったから暑いとか、そんなことももう言えなくなるのかもしれないですね。
It’s getting harder to predict the weather nowadays. Maybe someday, due to climate change, we won’t be able to say that it’s rainy because of tsuyu, or that it’s hot because of summer.

今月の文化 2021年 5月 丸岡城

みなさんこんにちは。
5月は気温が涼しくて風もあって、気持ちがいい日が多いですね。今年は梅雨入りが早かったので湿度が高い日もありますが、晴れるととても良い天気になります。
Hello everyone. The weather has been really good this May. Tsuyu began early this year, so some days have been humid, but once it is sunny, the days become gorgeous.

このように気持ちがいい日があると、外出したくなるものです。
先日私は福井県にある丸岡城というお城を見に行きました。丸岡城は江戸時代に入る前に建てられたお城で、現在日本にはそのくらい古いお城は12城しか残っていないそうです。北陸地方では丸岡城だけが400年以上ずっと建っているお城です。
Days like this make me want to go out. Recently, I went to a castle called Maruoka-jo in Fukui. Maruoka-jo is one of the oldest remaining castles dating from before the Edo Period. There are only 12 castles that old remaining in Japan. In the Hokuriku area, only Maruoka-jo has been standing for more than 400 years.

お城自体は小さくてすごい迫力というものはないのですが、400年以上も残っている木造の建物はやはり趣があってかっこいいです。桜の季節には400本の桜がお城の周りで咲きますから、有名な桜のお城としても有名です。お城に上ると町の様子がよく見えますから、天気の良い日に訪れるととても気持ちが良いです。
The castle itself is small, so it doesn’t have much impact, but seeing a traditional wooden castle which has been standing for more than 400 years is impressive and very cool. During cherry blossom season, more than 400 cherry blossom trees bloom around the castle, so Maruoka-jo is a famous cherry blossom viewing spot as well. If you go to the top of the castle, you can see the whole town below it. It’s a really nice place to visit on sunny, cool days in May.

 

今月の文化 2021年 4月 空き家

みなさん こんにちは。
Hello everyone!

4月の終わりという事は、もうそろそろゴールデンウィークが始まります。
The end of April means that Golden Week will soon be here.

今年も外出は控えるように言われていますので、あまり旅行に行ったり遊びに行ったりはできませんが、やっぱり連休があるというのは楽しいですね。
This year we once again have been advised to refrain from going out, so we can’t travel or go and have as much fun; however having some days off is still quite nice.

さて、4月とはあまり関係がないかもしれませんが、今回は空き家についてお話ししようと思います。日本では今空き家がとても多くて問題になっています。東京や大阪などの大都市にも空き家があって、ゴミがたくさん擦れ垂れていたりします。火事になったり倒壊したりして、とても危ないです。そのため、空き家を売ったり買ったりしやすくなる法律が作られました。私もよく見てみますが、大きくてかっこいい家がすごく安い値段で売られていたりしてびっくりします。
Well, it doesn’t have very much to do with April, but this time I’d like to talk about akiya, or vacant houses. Japan is facing a big problem with vacant houses right now. Even large cities like Tokyo and Osaka have many vacant houses overflowing with garbage. They are fire hazards and there is a risk of collapse, so they are very dangerous. Because of this, new laws have been written to make buying and selling vacant houses easier. I frequently visit websites with vacant house listings, and I am surprised to see how many large and stylish houses being sold at very cheap prices there are.

各市町村や不動産会社のホームページから、住んでいる地域の空き家の情報を見る事ができます。日本では空き家をリフォームして住むよりも新しい家を建てる方が人気があるようで、とても大きな邸宅が空き家になった後1年以内に取り壊されてそこに小さな家が3軒ほど建てられたりもします。
Every municipality’s website and realtor’s website have sections to search for information on vacant houses by region. In Japan, it is much more common to build new houses than it is to purchase an old house and remodel it, so many large houses are torn down and replaced with 3 or so tiny houses within one year of becoming vacant.

私は、これはとてももったいない事だなと思います。何十年もの間地震や台風にも負けないで人々の生活を支えてきた丈夫な家がこんなに簡単に壊されてしまうという事はとても残念です。
I feel that this is a very wasteful situation. That these sturdy houses which have supported peoples’ lives for decades and stood firm against earthquakes and typhoons are so easily torn down is very sad.

古い家にはたくさんの収納スペースがあったり大工さんの愛情が感じられるような装飾があったり、家を建てた人の思いが感じられるような工夫もあります。
Old houses have lots of storage space, and you can feel the love that the original owners had when they designed the house, and of the carpenters who crafted the decorations and ornamentations.

是非色々な人が空き家に興味を持って再利用してくれるといいなと思います。
I really hope that people will develop an interest in akiya and reuse and reform them instead of tear them down.

今月の文化 2021年 3月 ホワイトデー

3月のイベントは色々あります。その中でも日本で有名なのは「ホワイトデー」です。これは、バレンタインデーにチョコレートをもらった人がお返しに何かプレゼントするという日です。
このイベントは日本で1980年くらいに始まったそうですが、現在は韓国や中国などのアジアの国々でも行われているようです。
March has many events. White Day is a famous one. It’s a day to return gifts to the people who gave you chocolates on Valentine’s day. This event started in Japan around 1980, and now other Asian countries like Korea and China celebrate White Day as well.

私が子供の頃は、ホワイトデーに贈るものといえばだいたいはマシュマロやキャンディーでしたが、最近はマシュマロを贈る人はあまり見ないような気がしますね。
ホワイトデーにお花をあげたり、チョコレートをあげたり、クッキーをあげたりと、様々です。2月のバレンタインデーが終わると、スーパーでは早々に飾りが変わって、ホワイトデーの商品を売り出しますからおもしろいです。
When I was a child, the standard return gifts for White Day were marshmallows and candies. Nowadays, I feel not many people follow that tradition. I see a variety of return gifts such as flowers, chocolates, and cookies.

学生の頃から不思議に思っている事は、お返しのギフトと告白の返事の事です。
バレンタインデーに自分が好きな気持ちを相手に伝えてもホワイトデーまで1カ月返事を待つのでしょうか。それとも返事はその場でもらって、思いが成就したら1か月後にギフトをもらうのでしょうか。もし告白して思いが実らなかったら1か月後にはお返しのギフトももらえないのでしょうか。
などと色々考えますが、人によって対応が変わるのでしょうかね。
I have been wondering since high school about return gifts and replies to confessions of love on Valentin’es Day. Does a girl have to wait for a whole month to get a reply to her confession of love on Valentine’s Day? Would she get a return gift in a month only if the boy said yes? What if the boy said no? Would she receive some sort of return gift from him still?
I guess it differs from person to person, but I always felt this was a weird custom.

今月の文化 2021年 2月 寒中見舞い

2月といえば節分ですが、毎年節分は2月3日ですが、今年は2月2日に行われました。これはとても珍しい事で、前回は1897年に2月2日になったようです。1984年には節分の日が2月4日だったようです。どうして節分の日が2月3日じゃない時があるかというと、立春の日がずれるからだそうです。節分は立春の日の前日と決まっていますから、立春の日がずれると節分もずれるという事です。
As for February, Setsubun is the most famous event. Usually, Setsubun falls on February 3rd, but this year Setsubun fell on February 2nd. This is a very rare thing. The last time it happened was in 1987. In 1884, Setsubun was on February 4th. The reason for that is because Risshun, the start of spring day, falls on a different day this year. Setsubun is the day before Risshun, so if Risshun moves Setsubun moves as well.

立春といえば、「寒中見舞い」を出せるのは立春までと決まっています。「寒中見舞い」というのは、「暑中見舞い」の冬バージョンのようなものです。どんな時に出すかというと、年賀状の返事を出すのが遅くなった時や、喪中の人に年賀状を出せなかったときに、年賀状の代わりに出します。
Risshun is the deadline for sending kanchu-mimai. Kanchu-mimai is like a winter version of shochu-mimai. You can send kanchu-mimai when you want to reply to a nengajo but it’s too late to send a nengajo yourself, or when you want to send a greeting card to someone who had a family member die the previous year.

年賀状はだいたい1月7日までの「松の内」と呼ばれる期間に出しますが、それより遅くに年始の挨拶のハガキを出したい場合は、「寒中見舞い」を出します。それから、1年の間に家族が亡くなった場合は、家族が亡くなって1年間は喪に服す「喪中」という期間なので、年始のお祝いをする年賀状は送らない事になっています。喪中の人に対しても年賀状は送りませんが、何か挨拶のハガキを出したいときに、年賀状の代わりに「寒中見舞い」を出したりします。喪中なのに年賀状が届いてしまった場合の返事も、「寒中見舞い」として出します。
Nengajo should be sent by January 8th, within the matsunouchi period. If you want to send a greeting card after matsunouchi, you can send kanchu-mimai instead. Also, if a family member died during the previous year, the mourning period started and lasts for a year. That year is called mochu. You should not send nengajo during mochu. If you receive nengajo during mochu and you want to send some kind of greeting card in response, you can send kanchu-mimai instead.

このように、「寒中見舞い」は年賀状ほど有名ではありませんがなかなか便利な挨拶方法なのです。1月8日から立春の日までの期間しか出せませんから、忘れないようにしなくてはいけませんね。
Kanchu-mimai is not as famous as nengajo, but it is a useful tool to use. Kanchu-mimai are only sent between January 8th and Risshun, so be careful not to miss it.

今月の文化 2021年 1月 大雪

新年が始まって、もう1カ月たちました。お正月の間は出かけた人が多かったのか、正月明けに新型コロナウイルスに感染した人がとても増えました。なんとかみなさん重症化しないで回復できるといいなあと思っています。
It’s already one month since the new year began. It seems like many people may have gone out during the New Year’s holiday, because since the new year began the number of infected people has grown a lot. I hope people can recover quickly and not fall into serious illness.

さて、新年といえば感染の話題だけではありませんでした。なんと日本ではまた大雪になったのです。1月の中旬に、日本海側の地域で大変な大雪になりました。高速道路や大きな幹線道路(かんせんどうろ)でたくさんの事故が起きました。それに、1時間のうちにたくさんの雪が積もってしまって、車が動けなくなりました。
Anyway, the infection is not the only big topic of the new year. Amazingly, Japan has once again received a huge amount of snow. In the middle of January, the Sea of Japan region was dumped on by a big snow storm. The highways and main roads experienced many traffic accidents. On top of that, in one hour such an amount of snow fell that traffic was no longer able to move.

ニュースによると、移動ができなかったので3日間ぐらい車の中で生活した人もいたそうです。本当にひどい雪でした。最近の天気は本当に変ですから、ほとんど雪が降らない年もあれば、今年のようにものすごい雪が降る事もあります。雪が降って交通に影響が出ると、食べ物が運ばれなかったり、病院に行けなかったりして、とても大変です。日ごろから、非常食を備えておくことが大切だなと思いました。
According to the news, because of the inability to access the highways, some people had to live in their cars on the highway for 3 days. It was truly a terrible snow. The weather recently has become so strange that some years we have almost no snow at all, and some years like this year we have terrible snows. When snow is so heavy that it affects transportation, it becomes difficult to transport food, to go to the hospital, and so on. I realized how important it is to keep up a stock of emergency rations.

雪が降ると、建物の屋根にたくさんの雪が積もります。雪は大変重いですから、その重さのために建物が倒壊する事もあります。そのため、人々は屋根の雪を下に落とす作業をします。これを「屋根雪下ろし」といいます。雪が積もった屋根の上にのぼることは大変危険です。滑って落下してしまう人も多いです。
When it snows, a lot of snow builds up on the roofs of buildings. Snow is quite heavy, so sometimes buildings collapse under the added weight. Because of this, we have to shovel the snow from the roofs of our houses. This is called “yane yuki oroshi.” Climbing up onto a snow-covered roof is terribly dangerous. Many people slip and fall off of their roofs.

屋根雪下ろしをする時には安全を確認して、2人以上で一緒に作業するようにしましょうね。
When doing yane yuki oroshi, make sure to be safe and always work with 2 or more people.

今月の文化 2020年 12月 今年の思い出

 1月1日にお正月を迎える地域では、年末から家族が集まったりすると思います。日本でも年末はお盆と同じくらい帰省をする人が多い時期です。しかし、今年はやはり新型コロナウイルスのために帰省する人や旅行する人が少ないようです。
For areas celebrating the new year on January 1st, it’s common to have a family gathering at the end of December. In Japan, the new year is a big family homecoming season. However, just like Obon, people won’t gather together or travel as much as usual this year due to COVID-19.

 今年は本当にコロナウイルスのことばかり書いているような気がしますが、それくらい日本の文化的な行事にコロナウイルスが影響を与えた年だということだと思います。多くの国でもそれは同じことだと思います。
Looking back on this year, I feel like I have been writing about COVID-19 a lot. It shows how much COVID-19 has affected Japanese cultural events this year, as it has been with many countries.

 これまでは昔からやっていた事をそのまま継続するために、これまでは実際に見せたり体験したりする方法ばかり考えられていました。しかし、それ以外に方法はないかとこの一年かけて色々な人が考え、いろいろな新しい発見もありました。悪いこともありましたが、良いこともありました。他人を守るために頑張る人たちがたくさんいました。これからも世界や人々の生活は変わると思いますが、新しい変化を楽しみにしていこうと思います。
Until this year, we have been continuing the same traditions to pass on our culture to younger generations, through demonstrations and first hand experience. However, since the pandemic began we have been forced to think of other ways of continuing traditional cultural events. This year saw a lot of bad things happen, but good things happened too. We saw a lot of people work hard to protect others. The world is going to change even more the coming year, but I am looking forward to seeing the changes.

今月の文化 2020年 11月 みんなで協力しよう

11月の終わりには感謝祭がありますね。全ての国で感謝祭をすることはありませんが、アメリカではたくさんの人が里帰りをして家族と食事をするのが一般的です。
Thanksgiving falls at the end of November. Not every country has a Thanksgiving holiday, but in America most people travel to their hometowns to have Thanksgiving dinner with their families.

残念なことに、今年はなかなか家族で集まる事も難しそうですね。日本でも新型コロナウイルスの感染が再拡大してきて、第三波に突入していると言われています。
Unfortunately, this year it is difficult to gather together with families. Even in Japan, coronavirus is coming back again, and it is being called the third wave of the pandemic.

今年は本当に色々な事がありました。日本では3月から5月の間に第一波が来て、「緊急事態宣言」が出されて、テレワークも始まり、お店が休業し、学校がオンラインになり、街に出かける人はいなくなりました。それから、徐々に活気が戻ったんですが8月末くらいに第二波がありました。夏休みで人々が出かけて感染が広がったようでした。今回の第三波は、夏休みのように特に大きな連休があったわけではないのですが感染者数が増えています。きっと、人々が感染対策をするのに疲れたり、新型コロナウイルスを過小評価(かしょうひょうか)したりして、マスクをしなかったり集まったりしている事が原因じゃないかなと思います。
This year has been eventful. In Japan, March through May saw the first wave of coronavirus, along with a state of emergency and the start of telework, the closing of stores, classes moving online, and the disappearance of people walking around on the streets. After that, the energy gradually returned only to be hit by a second wave in August. People traveling during summer vacation were the apparent cause of the second wave. Now it’s the third wave, and even though there is no long holiday like summer vacation, the number of infections is increasing. Most likely, people growing tired of all the infection prevention measures and underestimating the dangers of the virus, foregoing wearing masks, and gathering in large groups again are the causes of this third wave.

確かに感染しても症状が軽かったり症状がなかったりする人もいて、そんなに大変な病気じゃないように思えるかもしれませんが、医療従事者の方々の事を考えると、やっぱり私はちゃんと感染対策をした方がいいと思うんです。病院では、感染しないように気をつけながら黙々と一生懸命働いている人たちがたくさんいます。感染症の人の入院があると、病室を個室にしたり、特別な部屋を用意したり、他の病気の人を断ったりしなくてはいけませんから、病院としての収入が減りますし、働いている人たちの心も体も大変疲れます。病院の収入が減ると彼らの給料も減ります。こんなに頑張っているのに、報酬が減らされるという事は本当に腹が立つと思います。さらに、医療関係者の人を差別する人までいるそうです。本当に悲しい事です。
Certainly there are plenty of patients experiencing mild or no symptoms, and the virus might not seem so terrible to many people, but thinking about it from the perspective of health care workers, it really is best to practice proper prevention measures. In hospitals, there are many people who are working hard without complaining, trying not to get infected. When someone with COVID enters a hospital, their hospital room becomes a special private room and other people are not allowed in, meaning that hospitals are not able to treat as many people or earn much income. Hospital workers are exhausted, both physically and mentally. Because hospital income is decreasing, their salaries are also being cut. Even though they are working so hard, to have their salaries cut must be so upsetting for them. On top of that, many people are beginning to discriminate against healthcare workers. It’s a tragic situation.

たくさんの人が自分の事だけを考えて行動してしまうと、社会は成り立ちません。自分の周りにいる人、同じ社会に住んでいる人の事を考えて行動したいですね。みなさんが穏やかで静かな感謝祭を過ごせるように願っています。
If many people start acting with only their own self interest mind, society cannot hold together. We should act while keeping the people around us and the people all living in the same society as us in mind. I hope that we can all get through this pandemic together, peacefully and calmly.

今月の文化 2020年 10月 紅葉の見頃

7月にも書きましたが、今年はオリンピックのために祝日の引っ越しがありました。10月のスポーツの日が7月になったのです。そのため、今年は10月に祝日がありませんでした。ちょっと寂しいですね。
As I wrote in July, the government moved a holiday this year due to the Olympics. Sports-Day was moved to July from October. Therefore, there were no holidays in October this year. I felt a little sad.

今年の10月は天気は暗くて、気温は心地よかったので過ごしやすかったです。10月の後半には晴れる日も多くて本当に秋らしかったです。10月には連休がなかったので、旅行に行ったり、天気と景色をゆっくり楽しんだりできた人はいつもよりも少なかったんじゃないかなと思います。
This October’s weather has been dark and nice. I really liked it. In late October, we had some sunny days, so it felt like fall had really arrived. However, because of the lack of holidays, not many people were able to travel or enjoy the beautiful weather and scenery this month.

10月の後半くらいから、テレビのニュースでは紅葉情報が始まりました。全国各地の紅葉で有名な場所の、紅葉の「見頃(みごろ)」を知る事ができます。
見頃というのは、花などを見るために一番良い時期の事です。せっかくでかけても、全然花が咲いていないと残念な気持ちになりますね、そのため、テレビや観光地のウェブサイトでは、桜の時期や紅葉の時期に見頃情報を発表しているのです。
私は人混みが嫌いですからあまり見頃の時期の紅葉を見に行くことはないのですが、遠くから眺めるだけでもよいものですね。

In the middle of October, the news started broadcasting information of changing leaves in every prefecture’s famous leaf viewing spots. This period is called “migoro.” Migoro means the best time to see things, like flowers or fall leaves. You may feel disappointed if you went somewhere far from your home expecting to see beautiful flowers and yet they haven’t bloomed. Migoro information is for those people who don’t want to miss the best time to catch beautiful scenery. You can get this information from most sightseeing location’s websites, news forecasts, and so on. I personally don’t like crowded places, so I haven’t gone to see fall foliage up close, but it’s still nice to just look at them from a distance.

今月の文化 2020年 9月 今立アートフィールド特別展

もうすぐ10月になりますね。日本では先週くらいから大分涼しくなってきて、秋だな~と感じれいます。通常だと秋には色々なイベントがあって街がにぎわうのですが、今年はやはりイベントの数は少ないようでした。イベントの数は少ないですが、小規模(しょうきぼ)なイベントは各地で行われています。
October is almost here! The weather has been getting cooler in Japan since last week, and it made me feel like autumn has come. Normally, there are a lot of fall events in this season, but the number of events has declined this year. Although many events have been canceled, there are still some small events scheduled.

今回私は、「今立アートフィールド特別展」というイベントに行ってきました。これは福井県の今立という所で行われたイベントで、和紙を使った芸術作品が町内の色々な場所で展示されているという面白い企画でした。
This year, I went to a local event called “Imadate Art Field Special Exhibition.” This event was held in Imadate in Fukui prefecture. They exhibited art objects made of Japanese paper throughout many places in Imadate.

今立は和紙で有名な場所で、川上御膳という和紙の女神さまも祭られています。毎年盛大なお祭りも行われていて、古い町並みも残っていて、水もきれいで、人も優しくて、木々も多くて、本当に美しい場所です。
Imadate is famous for Japanese paper crafts. People worship the goddess of paper, Kawakami Gozen, and hold a big annual festival for her. It is a majestic old fashioned town. The water is clean, the people are nice, and there is lots of nature there. Imadate is a very beautiful place.

今回の展示は、大きなお屋敷の倉庫や使われなくなった和紙工場や、古民家を改築した家などで行われていて、普段見る事ができない建物や風景を楽しむことができました。
本当にユニークで面白いイベントだったと思います。各場所での展示と、紙漉き職人さんによるデモンストレーションはとても興味深かったです。何よりも最後に寄った大滝神社の荘厳さは昔と変わらずに立ち寄るたびに感動を覚えます。木々の数が減ってしまったので少し残念でしたが、また新しい木も植えられていたようなので安心しました。美しい場所はずっと変わらずに残っていてほしいなと感じました。
For this exhibition, the organizers picked some unique places to show installationst: a huge mansion’s storerooms, an abandoned Japanese paper factory, a refurbished old-style house, etc. I was able to see some scenery and buildings which I usually don’t get to see up close. The event was very unique and interesting. All the art and locations and the demonstrations by professional Japanese paper makers were really intriguing. The best part for me was Otaki Shrine, which I went to last. Otaki Shrine was as majestic as the last time I saw it. It was so inspiring. I noticed some of the trees had been chopped down, but I also saw some new trees had been planted, and that made me relieved. I hope beautiful places like Otaki Shrine remain as they are for a long time.

Japanese Grammar Review