今月の文化 2020年 3月 マスク

みなさん こんにちは。

毎年この時期には、春の話題についてブログを書いていたんですが、今年の3月はとても大変な月になってしまったので、春の話題もほとんど聞かれないですね。
この新型コロナウイルスのために、今世界中の人々が大変な思いをしています。毎日ニュースでは色々な国々が人々の行動を制限し、これ以上感染が広がらないように努力をしています。
Hello everyone. I usually write about spring in this season. But this March has been a disaster, so we aren’t hearing anything about spring this year.

この新型コロナウイルスの感染の広がりのために、ほとんどの店で買う事が出来なくなったものがあります。それはマスクです。マスクがなくなりはじめたのは2月くらいです。ちょうど横浜のとまっていたクルーズ船から多くの感染者が出たというニュースがでたぐらいの時です。
人々は感染するのが怖くなってマスクをたくさん買いました。必要以上の量を買って、転売をする人がたくさん出てきました。災害の時にお金儲けをしようとする人はたくさんいるんです。残念ですね。
その後、トイレットペーパーやティッシュペーパーも売り切れましたが、それはすぐに解消しました。ただ、マスクだけは1カ月以上たってもまだ一般の人はなかなか買う事が出来ません。困ったものです。
There is a product which we cannot buy anymore due to COVID-19. That is face masks. We stopped seeing regular face masks at stores in February when we started reading the news about a cruise ship at Yokohama carrying a lot of infected people. The fear of infection caused people to buy a lot of face masks. Some people bought unnecessary amounts of them and sold them with a very high mark up online. Unfortunately, there are always people who try to profit off of from vulnerable people during disasters. After that, toilet paper and tissues also sold out, but they were restocked quickly. However, face masks are still scarce.

日本では「マスクをつける」という行為は普通に行われています。風邪をひいた時や、風邪を引きたくない時、花粉症の時や日焼け予防のためにも人々はマスクをつけます。マスクをすると空気がマスクの中で加湿されて、呼吸が楽になりますから、喉に異常があったらすぐにマスクをつけます。メガネをかけている人や、加湿された空気を吸う事が嫌な人はマスクを嫌いますが、私が見る限り多くの人はマスクをつけることに抵抗はなく、他人に迷惑をかけない事と、自分を守る事の2つの意味で、マスクをつける事は社会的な常識となっています。
現在の状況は、自分に全く異常がなくてもマスクをつけないといけない雰囲気になっていますから、少し異常なのですが、マスクをつけていないよりはつけている方が周囲の人も安心できるんじゃないでしょうか。
In Japan, wearing a face mask is a common thing to do. People wear face masks when they have a cold, don’t want to catch a cold, have hay fever, and even when they don’t want to get a sun tan. When you wear a face mask, you inhale humidified air, so it makes you breath more easily. That’s why you wear it. People who wear glasses and hate breathing humidified air don’t like wearing them, but I think most Japanese people don’t hesitate to wear face masks. It has become a norm to protect yourself and others. However, the current situation is a bit strange because you feel like you should wear a face mask even when you don’t have any symptoms. It’s silly, but I think seeing people wear face masks makes others feel safe.

マスクをつけることに抵抗がある人は世界にたくさんいると思いますが、特に飛行機の中などの密閉された空間では、空気も乾燥しますし、病気の人が近くにいる事もありますから、マスクをする事をお勧めしますよ。
I know a lot of people are not comfortable or not used to wearing face masks, but if you get into a closed place like an airplane, I strongly recommend using one. The air is dry and sick people might be all around you.

みなさんどうかお気を付けて、手洗いと消毒をしっかりしてくださいね。ドアノブやドアに触ったら自分の顔を触らないようにして、どこに行ってもまず手洗いと消毒をしましょうね。トイレのエアドライヤーも使わないようにしましょう。それから、喉に異常があったり、くしゃみや咳が出る場合は必ずマスクをしましょうね。
Please be cautious, everyone. You need to wash your hands and disinfect them frequently. If you touch a doorknob or a door, you should not touch your face. You should keep washing your hands and sanitizing your hands everywhere you go. You shouldn’t use the air dryer at toilets either. And if you have a strange feeling in your throat or you are sneezing or coughing, you should put on a face mask. Stay safe!

今月の文化 2020年 2月 暖冬

今は2月だというのに4月のような温かさです。このように、冬なのに暖かい日が続くことを「暖冬(だんとう)」と言います。
Even though it’s February, it feels like it’s already April. When winter is warm like this, it is called “暖冬.”

 子供のころと比べると、最近は暖冬になる年が多くなったと思います。特に今年の暖冬は本当に暖かいです。もう桜が咲いている所もあるそうですよ。
 雪が降らないと移動が楽ですから生活は楽でしたが、雪が少なすぎるのもなんだか寂しいですね。北陸では雪がほとんど降りませんでしたから、営業できなかったスキー場があったり、天候に影響されて野菜の育ち方が変わったりして、農業や経済に悪い影響が出たそうです。
Comparing recent winters with winters when I was a child, the frequency of 暖冬 has increased. This year’s winter has been especially warm. I heard that some prefectures’ cherry blossoms have bloomed already. Since it didn’t snow this year, transportation was not too bad and my life was easier, but I still missed the snow. The Hokuriku area didn’t get much snow, so some ski slopes couldn’t even open this season. Vegetables also grew irregularly, so farmers and the economy were negatively effected.

毎年の天気がおかしくなってくると、色々な仕事に影響が出て、色々な人の生活に影響が出るでしょう。私たちにできる事は、環境への影響を考えながら生活をしてくと言う事でしょうね。
When the climate behaves strangely, it can have a strong effect on businesses as well as our daily lives. The important thing for us to do is to be mindful about our environment and think carefully about how our actions affect it.

今月の文化 2020年 1月 鏡餅

みなさんこんにちは。元号が「平成」から「令和」に変わってから初めてのお正月でした。今年は令和2年になります。
みなさんのお正月はどうでしたか?私はまた風邪をひいてしまって、1月の中旬はなかなか大変でした。
Hello everyone. This year was the first New Year’s holiday since the era name changed from Heisei to Reiwa. The new year is Reiwa 2.
How was your New Year’s holiday? I caught a cold again this year, so the middle of the month was pretty rough.

さて、今回は、お正月の飾りの一つ、鏡もちについて紹介します。鏡もちは、丸い形のお餅を2つ重ねて飾る物です。大きい餅を下に、その上に小さい餅を重ねます。これは年神様をお迎えするための飾りです。大体12月28日くらいから飾って、そのまま正月を迎えます。
Anyway, this month I’d like to introduce a common New Year’s decoration called kagami mochi. KAgami mochi is a stack of two white mochi cakes on top of each other. The bigger mochi goes on the bottom, and the smaller mochi goes on top of it. This decoration is said to invite in the new year’s god (toshigami). They are usually put up around December 28th in anticipation of the new year.

飾る場所は、神棚や玄関などです。12月31日に飾った物は、「一夜飾り」と呼ばれていて、「お正月の神様をお迎えするのに、1晩だけでは誠意が感じられない」という事なので、30日よりも前から飾った方がいいと言われています
Kagami mochi is usually displayed on the kamidana or in the front hall of a house. Decorations placed on the 31st are called “ichiyakazari” (“one night decorations”), but just one night seems too short to welcome the toshigami, so it’s said to be best to put them up before December 30th.

年が明けてから、1月11日には、鏡開き(かがみびらき)を行います。これは、鏡もちを食べる事です。神様が宿ったお餅を食べる事で、その年の運が上がると言われています。
On January 11th, an event called kagamibiraki occurs. This is the event of eating the kagami mochi. Eating the kagami mochi which the toshigami inhabited is said to bring good luck in the new year.

鏡もちは、ただお餅だけを飾るのではなくて、お持ちの上に橙(だいだい)という果物を乗せることが多いです。橙は、一度実がなると4~5年以上落果しないで育つと言われています。そのため、健康長寿や家系の繁栄を願って鏡もちに使われます。
Kagami mochi is not just two pieces of mochi; a daidai (bitter orange) is usually also placed on top of the mochi. Daidai are said to grow on their trees for 4 to 5 years without falling off. For that reason they are placed on kagami mochi as a symbol of longevity and prosperity.

今月の文化 2019年12月

クリスマスが終わったので、もう年末の気持ちですね。

日本のスーパーでは12月になるとクリスマスの飾りとお正月の飾りが売られます。26日にはお正月の飾りばっかりになります。
Christmas is over, and the next big event is New Year’s Day! In December, Japanese supermarkets start to sell Christmas and New Year’s decorations. On the 26th they take down all the Christmas decorations.

さて、年末になるとやらないといけない事の一つに、「大掃除」があります。たくさんの人はお正月の前に家の中や部屋を掃除して、新しい気持ちで新年を迎えます。
会社や学校などでも12月の終わりになると大掃除を行います。私の会社では25日に大掃除を行いました。
One of the things you have to do before the new year is clean your house. The big day is called “oosouji.” This means “big cleaning day.” People do this big cleaning at their workplaces and schools. My workplace did this cleaning on the 25th.

この、年末に大掃除をする習慣はずっと昔から続いています。新年に各家にやってくる年神様という神様を迎えるための準備のためだそうです。
江戸時代には、12月13日に行うという決まりがあったそうです。昔は家の中の囲炉裏(いろり)で薪(たきぎ)をしましたから、家の中には煤(すす)がたまります。その煤を落とすという意味で、大掃除の事を「煤払い(すすはらい)」とか、「煤掃き(すすはき)」と呼んでいました。
The custom of performing a big cleaning has been around since a long time ago. It used to be part of the preparations to welcome the god Toshigami-sama in new year. In the Edo Period, people performed this cleaning on December 13th. All the houses had a fireplace and used wood as fuel, so their ceilings were covered in charcoal soot. Charcoal is called “susu” in Japanese, so this cleaning was called “susuotoshi (dropping the charcoal to the floor)” or “susuharai (sweeping charcoal)”

みなさんの家では大掃除はいつやりますか?エアコンやキッチンの換気扇などには汚れがたまりやすいですから掃除は大変ですね!一日で全部やると大変ですから、少しずつやりましょうね。
Is it common to perform a big cleaning in your country too? I think the AC and kitchen fans are the hardest places to clean thoroughly. It’s also really hard to do everything in one day, so we should clean bit by bit everyday. 😊

今月の文化 2019年11月

今月の文化2019年11月

2019年ももうすぐ終わってしまいますね。あっという間に12月になってしまいました。みなさんの今年の1年は早かったですか?2020年まであと1カ月です。やり残したことがないように、12月にやりたい事を色々とやっておきたいですね。
2019 will end soon! It’s already December. I feel like this year was short. Do you feel like it was fast too? We need to think about what do we need to do before 2020 arrives. We only have one month left.

さて、11月とはあまり関係がありませんが、最近私は千羽鶴を折る手伝いをしましたので、千羽鶴についてお話ししようと思います。
千羽鶴と言うのは、その名前の通り、1000羽の鶴の事です。折り紙で1000羽の鶴を折って、それを糸でつなげて大きな飾りにするのです。
This month, I had a chance to participate in making senbazuru, so I will talk about senbazuru this month. Sen means a thousand and tsuru (zuru) means crane, so senbaduru means a thousand cranes. We make a thousand crane using origami and tie them up.

身近な人が入院したときや、長期間病気の時などに、その人を励ますために作られています。鶴は長寿のシンボルで、「長生きをしてほしい」「病気を治して良くなってほしい」という願いが込められています。千という数は、「たくさん」という意味がありますから、千羽ちゃんと作らないといけないという事もないようです。
People make senbaduru when people close to them get sick and suffer for a long time. The crane is a symbol of long life, so people make cranes in hopes that the person gets better soon and lives for a long time. “A thousand” is a metaphor for “a lot,” so it doesn’t necessarily mean precisely one thousand.

100円ショップなどでも千羽鶴用の折り紙も売られていて、千羽鶴を折る事は今でも普通に行われているようです。
You can find origami for senbazuru at stores like 100 yen shops, so it seems like making senbazuru is still a common custom today.

気を付けないといけない事は、大勢の人が千羽鶴を作って一つの所に送ると、送られたところが困る可能性があるという事です。例えば地震の被害にあった場所などに大量の千羽鶴が送られるという事があります。千羽鶴は大きいものですから、保管するために広いスペースが必要ですし、処分するために費用が掛かります。「何かしたい」という気持ちは受け取る相手の事を考えて伝えられるといいなと思います。
One important thing to consider is the feelings of the recipients. Many people make senbazuru to send to areas which were damaged in natural disasters. Senbazuru are pretty big things, and they require lots of space to store them. Even throwing them out can cost money. We all have the feeling that we want to do something, or that we want to encourage others, but I think we should stop to think about what kind of support is most needed.

今月の文化 2019年10月

10月ももうすぐ終わってしまいますね。
今年の10月は1日祝日が多かったので、少し短いような気がしました。
さて、今月末は色々な国で知られている、ハロウィーンについてです。ハロウィーンは、昔はクリスマスと同様に、日本では馴染み(なじみ)のないイベントでした。
October will end soon! This year, we had an extra day off in October, so I felt that this October was a bit shorter than other months. This month, I will talk about a well known event called Halloween. Like Christmas, Halloween didn’t used to be a common event in Japan in the past.

ハロウィーンが日本の人に知られるようになったのは、1970年代だそうです。キティーちゃんで有名な、キディランドという会社が、ハロウィーンに関係のある商品を売り始めたのが初めだそうです。
Halloween was introduced to Japan by a company called Kiddy Land, which is famous for the character of Kitty-chan (aka Hello Kitty). Kiddy Land started selling Halloween related goods in the 1970’s.

1983年には、日本で初めてのハロウィーンパレードも行われました。しかし知っている人は一部の人に限られていました。それから大きく情報が広がった理由は、1997年に東京ディズニーランドでハロウィーンイベントが行われるようになったことや、2002年からはユニバーサルスタジオジャパンでもハロウィーンイベントが行われ始めた事も関係しているそうです。それから、携帯電話の普及やSNSで写真をシェアし始めた事で、爆発的に日本中に広がったと思われています。
hen the first Halloween parade took place in 1983, not many people knew about Halloween. The reason that Halloween became such a famous event in Japan is Tokyo Disney Land and Universal Studios Japan. Tokyo Disney Land started putting on Halloween events in 1997, and Universal Studios Japan started in 2002. Since people started using cell phones and SNS around that time, this fun and cool foreign event started to become very popular in Japan.

現在は日本の色んな所でハロウィーンイベントが行われています。大体は、行列やフリーマーケットでホラー関連の物が売られたりしています。私も見に行ったことがありますが、人気がある商品はアクセサリーやコスプレの道具のようだと思いました。
Nowadays, there are all kinds of Halloween events all over Japan. Mostly these are in the form of parades or flea markets which sells horror-related goods. I have been to such an event, and I think that goth accessories and cosplay costumes were the most popular items sold.

ハロウィーン当日は平日になる事が多いので、ハロウィーンがある週の週末やその前の週末に大きなイベントを行う所もたくさんあります。色々な人が素敵なコスプレをして街に出るので、町は普段の様子と違って見えます。日本では子供が仮装して各家を回るという行事ではなく、大人が仮装をしてパーティーをするという内容に変わっているようですね。クリスマスもそうですが、文化や行事は他の国に伝承されると少しずつ変わってきます。面白い事ですが、変わりすぎてしまうと少し残念ですね。
The actual Halloween day is often a weekday, so Halloween events are held during the same weekend or the weekend before Halloween. During these events, many people stroll through town wearing impressive costumes, so the ordinary towns look different on that day. Unlike in America, children don’t wear costumes or say “trick or treat” at their neighbor’s houses. It’s more of an adults’ event. Adults wear costumes and throw themed parties. Like Christmas, cultures and events change their forms when they are imported to other countries. It’s interesting, but at the same time it can be a bit disappointing too.

今月の文化 2019年9月

みなさんこんにちは。
9月になりましたが、しばらくはとても暑い日が続きました。
最近はやっと涼しくなってきたので、毎日過ごしやすいですね。
Hello everyone!
It’s September, but it has been quite hot. It’s finally grown cooler recently, so it’s getting nice outside.

秋になると色々なフルーツが出てきます。梨や葡萄やイチジクなどです。私は秋の食べ物が好きなので、今月は梨についてお話ししようと思います。
In autumn, you can see a lot of fruits at stores, such as pears, grapes, and figs. I like fall foods, so I will talk about Japanese pears this month.

梨は色々な国で食べることができますが、国や地域によって味や形が違います。日本で作られている梨は、和梨と言います。洋梨と違って、丸い形をしています。和梨にも色々な種類がありますが、大きく分けて、「赤梨」と「青梨」の2種類あります。
日本で多く食べられているのは「赤梨」の方で、「豊水」や「幸水」という品種が有名です。茶色で丸い形をしています。「青梨」は「赤梨」に比べると色が少し薄くて黄緑色です。「二十世紀梨」という品種が有名です。
Pears are eaten in many countries, but the shapes and flavors vary in different countries and areas. Pears from Japan are called “wanashi.” Unlike Western pears, wanashi are round. There are a few types of wanashi. The two biggest categories are akanashi (red pear) and aonashi (blue pear.) Akanashi are more popular that aonashi in Japan. The major akanashi brands are “Kousui” and “Housui.” Akanashi are brown and round. Aonashi are bit more pale than akanashi and are colored yellowish green. The major aonashi brand is “Twenty First Century Nashi.”

私はアメリカで「赤梨」の方を見た事があります。味も日本で食べた「赤梨」とよく似ていました。「Asian pear」として売られていました。
「赤梨」は甘くてみずみずしくて、柔らかいです。一方「青梨」の方はさっぱりしていて、甘みだけでなく酸味もあって、さわやかな味です。
I’ve seen akanashi in the US, where they are called “Asian pears.” The flavor is similar to Japanese akanashi. Akanashi are sweet and their texture is juicy and tender. In contrast, aonashi have a lighter flavor with a hint of sourness. They have a refreshing flavor.

私は青梨の方が好きなんですが、最近はあまり見なくなりました。人気がないのでしょうか。スーパーでは幸水や豊水などをよく見ます。洋梨も時々見かけますが、少し高いのであまり食べた事はありません。
みなさんはどんな梨が好きですか?

I prefer aonashi over akanashi, but I haven’t seen many kinds of aonashi recently. I wonder if aonashi have declined in popularity? At grocery stores, I see a lot of Kousui and Housui. I see Western pears too, but those are a bit expensive.

What kind of pears do you like?

今月の文化 2019年8月

みなさんこんにちは。
 8月といえば夏休み、そしてお盆ですけど、夏休みもお盆も以前紹介したので、今回は、お盆と少し関係がある事についてお話ししようと思います。

Hello everyone!
August is famous for Obon and summer vacation, but I already talked about both of them. This month I will introduce something related to Obon.

前回ご紹介したように、お盆というのはあの世(other world)に行った霊がこの世(this world)に帰ってくる時期の事です。お盆の時期と言うのは、人々にとってあの世が少し近くなる時期だという事です。それに加えて、8月と言うのは残暑が強くてまだまだ暑いですから、人々は怖い話をして気分だけでも涼しくなろうと考えました。そのような理由から、8月には「怪談話」をする事が夏の風物詩(ふうぶつし)になっていきました。

怪談というのは、幽霊や妖怪など、この世に存在しないものの話をする事です。調べてみると、日本3大怪談や、有名な幽霊話など、本当にたくさんの怪談話が見つかります。

As I talked about in the Obon post, Obon is the period which ghosts come back to this world from the other world, called “anoyo.” Therefore, the Obon season makes people feel that anoyo is closer to them for a short period. In addition, since August is still pretty hot, people believe that telling ghost stories will give them a chill. Ghost stories are called kaidan. For these reasons, holding kaidan telling parties, called kaidan-kai, became a common summer custom in Japan. Kaidan means talking about something which doesn’t exist in this world, such as ghosts, yokai, and the like. If you look up “yurei” or “yokai,” you can find a lot of results including “the 3 greatest kaidan” or “the most famous ghost stories of Japan.”

私も学生の時に、友達と地元の幽霊スポット巡りをしたり、怪談話をしたりしていました。おもしろい気持ちと怖い気持ちと、ゾクゾクする気持ちだったのを思い出します。
みなさんの国でも夏に怖い話をしますか?

When I was a student, I went to many local haunted spots with my friends and participated in kaidan-kai. I was curious about the stories, but at the same time, I was scared and felt a chill. Do people have any customs similar to kaidan-kai in your countries too?

今月の文化 2019年7月

みなさんこんにちは。
今年は涼しい日が多くて、梅雨なんですけどまだそんなにジメジメしていないです。今年の梅雨は過ごしやすいなぁと思っています。毎年こんな梅雨だといいんですけど、きっとそうはいかないんでしょうね。
Hello! Right now it is the rainy season, called tsuyu, however this year has not been too bad. I wish every year were more like this, but that’s just wishful thinking.

さて、7月には学生が毎年楽しみにしている行事があります。それは、夏休みです。夏休みが始まるのは、小学生からです。全ての小学校が同じ日に夏休みに入るわけではなく、学校によって違います。大体は、7月の3週目か4週目に始まります。新学期は9月から始まりますので、夏休みは8月末までです。
July is the most popular month for students because of summer vacation! Summer vacation starts in elementary school. The amount of vacation time varies from school to school. Most schools start summer vacation in the 3rd or 4th week of July and end in late August. The new semester starts at the beginning of September.

アメリカでは夏休みは6月から始まっていて、とても長く感じました。みなさんは子供の時に、夏休みにどんなことをしましたか?
In the US, summer vacation usually starts in June, so I felt it was very long. What did you do during summer vacation when you were a kid?

日本では、夏休みになると、毎朝6時くらいから公園や神社で地域の人たちがラジオ体操をします。そこに行くとスタンプやシールがもらえて、たくさん集めると学校で賞がもらえました。私の行っていた小学校にはプールがあったので、毎日無料で泳ぎに行きました。他にも市民プールや市営の温水プールもあったので、友達とそこに行った事もあります。
In Japan, children gather at parks, shrines, or temples at around 6 am and do radio calisthenics. The kids can get stamps or stickers on their activity cards when they do this. If they get many stamps/stickers, they can get a prize from their schools. My elementary school had a pool, so I used to go there everyday for free pool activities. There also were public pools and a public warm water pool in my town, so I went there with my friends.

田舎の子供たちは遊ぶ場所がたくさんあります。私は色々な石や枝や花を集めたり、カブトムシを探しに行ったり、縄跳びの練習をしたり、ブランコを独り占めしたり、自転車で行った事がない所に探検に行ったりしました。
There are lots of activities to do if you are in the countryside. I gathered many shiny stones/branches/flowers from around my house. I went to look for beetles, and practiced jump rope, played on the swings, and explored by bike the parts of my town which I hadn’t yet discovered.

私の家にはファミリーコンピューターがあったので、友達を家に読んで、ドンキーコングやマリオブラザーズなどのゲームをやりました。当時はエアコンがなかったので、扇風機だけで、皆汗をかきながら一つの部屋に集まって、一つの小さなテレビ画面を見ながらゲームをしました。懐かしい思い出です。
I had a game system called “Family Computer” (known as NES in English). So my friends gathered at my house and played Super Mario Brothers and Donkey Kong with me. We didn’t have AC at that time, so we used a fan. A bunch of sweaty kids looking at a TV monitor all together in one room sounds gross, but it’s one of my nostalgic memories.

今思うと、小学校の時の夏休みが一番楽しくて、一番長く感じられたように思います。
夏休みの過ごし方も色々な国によって違うんでしょうね。
Now that I recall, I think that elementary school summer vacation was the longest and the best. I wonder what other countries’ kids do during their summer vacations…

今月の文化 2019年6月

みなさんこんにちは。

今年の6月は涼しくて、快適でした。日本の色々な県で「梅雨入り」が発表されていますので、もう日本のほとんどは梅雨になっています。

きっと7月くらいから、湿度があがってジメジメとしてくると思います。夏は気温も高いし、湿度も高いし、外出するのが億劫(おっくう)になりますね。

Hello everyone

This year’s June wasn’t too bad. It was cool and comfortable. A lot of prefectures have officially said they have entered the tsuyu season, so most of Japan is experiencing tsuyu now.

The humidity and temperature will go up in July, and that will make us hesitate to go outside.

さて、今月は「茅の輪くぐり」という行事を紹介します。茅の輪というのは、茅(ちがや/かや)という植物で大きな輪です。茅の輪くぐりと言うのは、1年に2回(夏の1回だけという所もある)、茅の輪の中をくぐって、無病息災(むびょうそくさい)を願うという行事です。
This month, I will introduce you to a Shinto event: Chinowa kuguri. A chinowa is a big circle made of a kind of reed called chigaya or kaya. Chinowa kuguri means making a chinowa and walking through it to wish for good luck. Some place do this twice a year, and some do it only in the summer.

この行事の由来は、日本の神話にあります。昔、蘇民将来(そみんしょうらい)という人が、素盞鳴尊(すさのおのみこと)に宿を貸してあげたので、そのお礼に、「茅の輪を腰につけていると、疫病を避けることができる」と教えてもらったという話です。その後、蘇民将来は難を逃れることができたという事でした。それから、無病息災(むびょうそくさい)のために、茅の輪を腰につけるという習慣ができましたが、江戸時代くらいから、大きな茅の輪をつくって、人々がその輪の中をくぐるという習慣に変わりました。
The event originates in Japanese mythology. Once upon the time, the god Susanoo-no-mikoto asked Somin-shourai to let him stay at his house for one night. Somin generously let Susanoo use his house. In return, Susanoo told him, “To avoid bad luck, you should tie a small chinowa on your hip.” Somin-shorai did this, and was able to avoid many bad things. People copied the custom and started tying chinowa on their hips, hoping to have a peaceful life. During the Edo Period, the custom changed from wearing a small chinowa to passing though a big chinowa.

茅の輪くぐりは、1年の前半期のけがれをきれいにして、この後の半年も無事に過ごせるようにお祈りをする行事です。夏越の祓(なごしのはらえ)という儀式の中で行います。毎年6月30日に行っています。
Chinowa-kuguri is performed in order to purify yourself from the first half of the year and to wish for a peaceful second half of the year. Chinowa-kuguri is a part of an ceremony called Nagoshi-no-harae, held every June 30th.

輪のくぐり方は神社によって違いますが、基本的には、輪の前で1礼して、左足から輪に入って左に回ってまた正面に行く。次に、1礼して、右足から入って右に回って正面に行く。という風にするので、上から見ると8の字を書くように回るという事になります。
最後にもう一回左に回って、合計3回輪の中をくぐるというところと、2回という所と、1回だけという所があります。
The way you pass through the chinowa depends on the specific shrine. One basic way goes like this: first, you bow in front of the ring and step though starting with your left foot, then pass through and walk back taking the left path. Then you do the same thing with your right foot and take the right path back. If you were to see the ritual from above, it would look like people were making a figure 8 by walking through the chinowa. Some shrines require you to do it 3 times (left-> right -> left) and other shrines require to do it only one time (just left.)

茅の輪をくぐるときに、頭の中で言葉を唱えるそうですが、これも神社によって違うそうなので、自分が行った神社で聞いてみてくださいね。
When going through the chinowa, people often say specific sentences in their head, but what you say also depends on the shrine. Usually, shrines have a written description by the chinowa, so you can follow the instructions.

Japanese Grammar Review