今月の文化 2019年3月

今年の日本の3月は暖かかったです。去年は2月の中旬に大雪が降って、3月になってもまだたくさんの雪がありましたから、今年は全然違います!毎年こんなに天気が違うとビックリしますね。
It’s been very warm this month. We had a heavy snow in February of 2018, so we had a lot of leftover snow in March of last year as well. The weather difference between last year and this year is significant! I am so surprised.

さて、今月は、日本ではちょっと新しいイベントを紹介します。セント・パトリックス・デーです。みなさんの国ではお祝いしているかもしれませんが日本では昔からこのイベントをしているわけではありません。最初に日本でパレードが行われたのは1992年です。それから毎年パレードが行われるようになって、段々と日本の各地で行われるようになっていきました。
This month, I will introduce to you a kind of new event in Japan. It’s St. Patrick’s Day. The event might be celebrated in your country, but in Japan this tradition only began in 1992, so it’s kind of a new tradition. They started holding a parade every year since then, and it has gotten bigger and bigger.

日本でパレードやイベントを行っている県は毎年増えています。アイルランド大使館によると、東京や横浜、名古屋、千葉などで色々なイベントが行われ、九州の福岡や沖縄、北海道や青森でもイベントやパレードが行われているようです。北陸地方では福井県でパレードが行われています。
The number of prefectures which hold St. Patrick’s Day events grows every year. The Embassy of Ireland in Japan lists the locations with St. Patricks Day events, including Tokyo, Yokohama, Nagoya, Chiba, Fukuoka, Okinawa, Hokkaido, Aomori, etc. In the Hokuriku area, only Fukui holds a parade.

まだアイリッシュ音楽を演奏できるグループやパレードに参加できるグループが全国にはいないので、同じグループが色々な県に行って演奏したりしています。そのため、セント・パトリックス・デーが始まる前の週末や終わった後の週末にイベントを開催する県もあります。福井県では毎年、一週間後の週末にパレードが行われていますから、少し変な気持ちですが、意外と本格的で、とても楽しいイベントです。
Even though the event is getting bigger, there are still only a few bands who can perform Irish music. The same groups have to travel from place to place during the holiday, so some areas have to hold the event a week before or after the actual St. Patrick’s Day takes place due to lack of performers. In Fukui Prefecture, they hold a parade a week after the actual holiday every year. It’s a bit of a strange feeling, but the event itself is surprisingly quite authentic and fun.

私はお祭りが好きですから、これからどんどんとこのような色々な国のイベントが行われるようになるといいなと思っています。
I like festivals, so I hope we can import many events from a lot of countries.

今月の文化 2019年2月

去年の2月には節分の紹介をしました。そこで、節分では恵方巻という巻きずしを食べますという話をしました。
Last year I introduced Setsubun, and I mentioned that people eat a special type of futomaki (thick sushi roll) called ehomaki.

今回は、その恵方巻について、もう少し詳しく説明をしようと思います。
恵方巻を食べる習慣が始まったのは、江戸時代末期~大正時代という説があります。
節分にその年の恵方を向いて食べると、縁起が良いと伝えられています。恵方というのは、歳徳神(とくとくじん)という神様がいる方角です。歳徳神は福の神様だそうです。恵方は4種類あって、毎年変わりますから、今年の恵方はどこか調べてから恵方巻を食べるといいでしょう。
This year, I will tell you more about ehomaki. The custom of eating ehomaki evolved during the Edo and Taisho Eras. It was said that if you eat ehomaki while you are facing towards eho, you will have good luck. Eho is the direction where Tokutokujin, a god of luck is located. Tokutokujin’s direction changes every year. You need to discover this year’s eho before you eat ehomaki.

恵方巻を食べる習慣は関西から始まったそうですが、どんどんと全国に広がっていきました。大阪歴史博物館という所には、昭和15年に出された広告が展示されているそうです。
It is believed that the ehomaki custom started in the Kansai area first, and expanded outwards gradually. In the Osaka Museum of History, you can see advertisements for ehomaki which were published in Showa 15 (1940).

昔はシンプルな太巻きだったのですが、福を呼ぶ神様で有名なのは七福神です。七福神にちなんで、7種類の具材を入れて太巻きを作るそうです。基本的に入っているのは、卵焼きやきゅうりやシイタケなどです。たくさんの具材が入っているので、とても大きいです。
Ehomaki used to be a simple maki sushi, but nowadays people eat a big futomaki with seven kinds of ingredients. Seven is considered a lucky number because of the famous seven lucky gods, the shichifukujin. The standard ingredients include cooked eggs, cucumbers, shitake mushrooms, and so on. Due to the number of ingredients, ehomaki became very big.

最近、コンビニやスーパーなどで、大量の恵方巻が2月4日に捨てられるというニュースがありました。本当にたくさんの売れ残った恵方巻が捨てられているという事がわかって、人々はショックを受けました。
今年は、予約の数だけ作るようにしたりして、売れ残りの恵方巻を作らないように色々な会社が努力をしたそうです。
お金があれば色々な事ができる世の中になりましたが、大事なのは「もったいない」の心だと思います。使えるものは最後まで使い、食べ物を捨てないようにしないといけませんね。

Recently, I read some sad news about ehomaki. A lot of unsold ehomaki have to be thrown away on February 4th. When people saw the pictures of the discarded ehomaki, they were shocked at the waste. Due to the news, many supermarkets and sushi stores now only make ehomaki for people who ordered in advance to reduce the amount of wasted food.

Everything has become convenient these days, so we can get many things with just a little money. I think an important word to know is mottainai, it means “try not to waste things.” We should use things until they breaks, and people should try to reduce the amount of wasted, uneaten food.

今月の文化 2019年1月

みなさんこんにちは。

1月になったので段々寒くなってきましたね。
日本では、今回のお正月が平成の最後のお正月になるので、たくさんのお店やテレビの番組では「平成最後!」という言葉をたくさん使っていました。
いつもと同じお正月ですが、何かが最後になるということは何か特別な事のように感じますね。
Hello everyone.
It’s January and it’s getting colder and colder. Since this year is the last year of the Heisei Era, I’ve seen a lot of “last chance in Heisei” ads at stores and on TV. This year is the same as every other year, but it makes it sound special when you hear “this is the last chance for ___!”

さて、お正月には色々な週間があります。食べ物や飾る物、作る物、色々とお正月ならではの特別なものがありますが、今回はお年玉について紹介しようと思います。
On the New Year’s Day, there are a lot of Japanese customs dealing with what to eat, make, and decorate. This time, I will introduce you one New Year’s Day custom: otoshidama.

現代のお年玉は、お正月の日 (1月1日) に大人から子供にお金を渡すことです。お年玉袋という袋に年齢によってお金を入れて渡します。お正月には親戚の家に挨拶に行ったり、遠方の親戚が遊びに来たりするのでたくさんの大人と子供が集まります。子供にとってはたくさんのお金がもらえるチャンス!ですが、大人にとっては大きな出費になることもあります。
In the modern era, otoshidama are presents of money given by adults to young children on January 1st. Adults put some money in a special envelope called an otoshidama bukuro. The amount varies depending on the recipient’s age. On New Year’s Day, families who live far away come back to their hometowns, so a lot of adults and children gather together in one place. For children, New Year’s Day is a big chance to get money, but for adults it can be a huge expense.

昔のお年玉はお金ではなくてお餅を配っていました。これは鏡餅というお餅で、今でもそのお餅を年末からお正月に飾る習慣があります。この鏡餅は、1月1日に歳神 (としがみ) 様という神様をお迎えするために準備するお供え物ものです。丸い餅を2つ重ねて置きます。この餅を1月1日に家長が家族に分けることをお年玉と言いました。
In the past, people gave mochi instead of money. This mochi is called kagami mochi. People still decorate their houses with kagami mochi over the holiday. Kagami mochi is a gift for toshigami-sama, the god who comes on New Year’s Day. Kagamimochi is a pair of round mochi stacked one on top of the other. On the New Year’s Day, the head of the house would distribute kagamimochi to the household members. That is the origin of otoshidama.

お餅を分ける習慣がお金に変わったのは江戸時代くらいだそうです。今でも鏡餅を置きますが、家族に分けるのではなく皆で食べるようになりました。
The mochi-distributing custom changed to money during the Edo Period. People still make kagamimochi, but nowadays they eat it with family members on New Year’s Day.

お年玉の金額は「年齢による」と言いましたが、子供の年齢が上がると、お年玉の金額が上がります。一般的な金額は以下のとおりです。
As I said earlier, the money in each otoshidama varies depending on the recipient’s age. In general, the price range is like this:

3~6歳  :500円~1000円

7~10歳 :1000円~2000円

10~12歳:3000円

13~15歳:5000円

16~18歳:5000円~10,000円

お年玉をもらう年齢は、高校を卒業する18歳までという家庭もありますし、大学生になってもあげるという家庭もあるそうです。
Some families stop giving otoshidama when their children graduate high school, but some families keep giving otoshidama even to college students.

お年玉に使うお金は、皺(しわ)がないきれいなお札(さつ)を使います。小さなお年玉袋を使うときは、人の顔が書いてある面が表ですから、その部分を内側にしてお札を折って袋の中に入れます。そうすると、もらった人が開いた時に表が見えるという事です。
For otoshidama, you need to use crisp, unwrinkled paper money. The side of the money with a person’s portrait is the front. Therefore, if you have to fold the money to put it into a small envelope, you should made sure the person’s face is folded on the inside, so when the recipient unfolds the bill, they see the face.

4という数字は悪い数字だと考えられていますから、お年玉の金額は4という数字が入らないように注意しなくてはいけません。
Number 4 is considered an unlucky number, so you should not give sums of money that include the number 4.

今月の文化 2018年12月

みなさんこんにちは。

もう12月ですね。クリスマスが終わると、あっという間に年末になります。みなさんの国では年末と正月の休みは何日くらいありますか?日本では大体12月29日から1月3日までの休みが一般的です。大体一週間ぐらいですね。
It’s December already. Time flies very quickly after Christmas. How long is your country’s holiday season around the new year? In Japan, it generally starts on December 29th and lasts through January 3rd. So it’s about one week.

 さて、日本では年末に行う行事が色々あります。その中の一つが「お歳暮(せいぼ)」です。お歳暮というのは、お世話になった人に1年間の御礼の気持ちをこめてギフトを送る習慣です。昔は会社の上司や仕事でお世話になった人などに送っていましたが、最近では親族や親しい友人などに送ることもあるそうです。
There are a lot of things to do before the end of the year in Japan. Oseibo is one of them. Oseibo is the custom of sending gifts to people whom you want to thank. This tradition used to be a work-related event, but nowadays people send oseibo to relatives and close friends too.

 お歳暮を贈る時期は大体12月13日から20日くらいまでに送った方がいいと言われています。あまり遅くなると、年末の忙しい時期にお返しを考えなくてはいけないので迷惑になる可能性があります。
おそくなってしまった場合は、「お年賀」という名前でギフトを送った方が良いそうです。「お年賀」は松の内(まつのうち)が終わる時期までに送った方がいいです。松の内というのは、門松(かどまつ)おなどの正月の飾りを飾っておく時期です。これは関東地方では1月7日で、関西地方では1月15日と言われています。
The time to send oseibo is between December 13th and 20th. If you are not able to send it within thT time period, it can be troublesome for the receiver because they have to think about a return gift during the busy holiday season. For that reason, it’s common to call the gift onenga instead of oseibo. Onenga means “happy new year.” You can send onenga gifts from the end of the year to the end of Matsunouchi. Matsunouchi is the final day in which your house is decorated with new year decorations (such as kadomatsu). Matsunouchi differs from region to region. In the Kanto area its January 7th. In the Kansai area it’s the 15th.

 お歳暮で送る物は、ハムやソーセージなどのセットや、お菓子の詰め合わせ(つめあわせ)、ビールのセットや日本酒などです。大体3000円~5000円くらいの物が普通です。
Common things to give for oseibo are gift sets of preserved ham and sausage, cookies, beer, sake, etc. The common price range is 3,000yen to 5,000yen.

今月の文化 2018年11月

みなさん こんにちは。
Hello everyone.

11月になったので、少し寒くなってきましたね。北海道ではもう雪が降ったそうです。アメリカでも吹雪になったところがあったようです。天気が変なので予測することが難しいですね。
It’s November, so it has become a bit chilly. It’s already snowing in Hokkaido. There was even a snowstorm in America. The weather is strange, so it’s hard to predict.

 さて、雪の前に私が毎年楽しみにしているのは紅葉です。秋になるとたくさんの山や森で紅葉を見ることができます。紅葉の有名な所は主に渓谷(けいこく)やお寺、神社などが多いようです。私は去年、京都にある平等院というお寺の庭の紅葉を見に行きました。平等院では、紅葉の季節に3週間くらい夜にライトアップをして観光客が夜の紅葉を楽しめるようにしています。
Anyway, every year before the snow I look forward to the fall foliage. You can see fall foliage on many mountains and forests. Famous spots for fall foliage are valleys, temples, shrines, and so on. Last year I went to the gardens of Kyoto’s Byodo-in Temple to see the foliage. For three weeks during the foliage season, Byodo-in lights up the trees at night so tourists can enjoy the fall colors.
 日中の明るいうちにみる紅葉を見るのも好きですが、夜にライトアップされた秋の庭園を見るのもとても良い経験でした。
I enjoy seeing the fall colors while the days are still bright, but seeing a fall garden lit up at night is a very nice experience too.
 人がたくさんいたので、ゆっくりと鑑賞することは難しかったですが、たくさん写真をとって、素敵な思い出が作れました。
There were many people there, so it was difficult to get a good impression at the time. However I took many photos and made some nice memories.

今月の文化 2018年10月

今月の文化 2018年10月

みなさん こんにちは。

今月は福井県で国体がありました。みなさんは国体を知っていますか?私は国体にあまり興味がなかったので、毎年の国体の情報を気にしたことがなかったのですが、今年は福井県で行われたので、福井県内では大きなニュースになりました。
This month, Kokutai was held in Fukui. Have you heard of Kokutai? I was never really interested in sports festivals, so I didn’t care about it before. Since Kokutai was held in Fukui this year, it was big local news.

 国体というのは国民体育大会を省略した名前です。これは戦後に国民を元気にするために昭和21年(1946年)第一回の大会が行われました。昭和23年(1948年)には、47都道府県が対抗してスポーツを行う方式になり、男子の総合優勝県に天皇杯、女子の総合優勝県に皇后杯が与えられることになりました。小さなオリンピックのようなものですね。国体は9月の中旬(ちゅうじゅん)から10月の中旬に4日間行われます。
Kokutai is abbreviation of Kokumin taiiku taikai (Citizens’ Sports Competition). It was started in 1946 to cheer people up after the war. In 1948, it became a contest between all the prefectures. They award the Tennou hai (the emperor cup) to the best male athletes’ prefecture and Kougou hai (the empress cup) for the best female athletes’ prefecture. These are like small versions of the Olympic trophies. Kokutai is held for 4 days between the middle of September and the middle of October.

 行われる種目もオリンピックの競技と似ていて、バスケットボールやバレーボール、カヌーや陸上競技(りくじょうきょうぎ)などが行われます。冬には北の方の県で冬季大会も行われています。
The list of events is similar to the Olympics, with basketball, volleyball, canoeing, and track and field. Winter events are held during the winter in the northern part of Japan.

 オリンピックと言えば、その後にパラリンピックも行われます。国体にもパラリンピックに似た大会があります。「全国障害者(しょうがいしゃ)スポーツ大会」と言って、「障スポ」と略されることが多いです。これは2001年から始まって、毎年国体と同じような時期に行われています。この大会の冬競技は今の所開催されていません。
Since Kokutai is similar to the Olympics, Kokutai also has an event like the Paralympics. It is called Zenkoku shougaisha supootsu taikai. Its abbreviation is “Shou supo.” This event was started in 2001 and it’s held in the same place as Kokutai every year.

 国体は毎年違う県で開催されます。日本の県を3つの地区(東・西・中)毎年違う地区で開催されます。東地区には北海道、東北、関東が入っています。西地区には中国、四国、九州が入っています。中地区には北信越(ほくしんえつ)、東海、近畿が入っています。福井は北信越の中にありますから、中地区です。来年は茨城県ですから、関東なので東地区です。その次の年は鹿児島県ですから九州の西地区です。このように、毎年違う地区で開催されています。
Kokutai is held in a different prefecture every year. Japan is divided into 3 areas: East, West, and Middle. Each area takes a turn. The East includes Hokkaido, Tohoku, Kanto. The West includes Chugoku, Shikoku, and Kyushu. The middle are includes Hokushinetsu, Tokai, and Kinki. Fukui is in Hokushinetsu (middle area). Next year Kokutai will be held in Ibaraki Prefecture, which is in the East area. The following year will be Kagoshima, in Kyushu area.

 福井県で国体が開催されたのはこれまで2回あります。1968年と2018年です。私の父は50年前の国体の様子を覚えていて、「あの時は選手はみんな料理屋さんなどの二階に宿泊して、地域の人々総出で応援したものだ」と言っていました。今の時代には考えられない事ですね。
The last time Kokutai was held in Fukui was 1968. My father still remembers those days 50 years ago. He said, “During Kokutai, the athletes stayed in the second floors of restaurants or in neighbors’ houses. The residents cheered and helped them so much.” It sounds totally different from nowadays.

今月の文化 2018年9月

みなさんこんにちは。
Hello everyone.

今年は台風がたくさんあって大変な夏でしたが、ようやく涼しくなってきて、秋になったように感じます。涼しいと色々な所に出かけたくなりますね。
The summer this year was terrible due to the many typhoons. Finally it has cooled down and it feels like fall has come. When it’s cool like this I want to go out to many places.

さて、9月はもうすぐ終わりになりますが、9月は連休が多いので、とても早く終わるように感じます。9月の祝日は、敬老の日と秋分の日の2つです。秋分の日は毎年変わるのですが、敬老の日は9月15日です。しかし、1935年にハッピーマンデーという制度が始まってから、敬老の日を月曜日にお祝いするようになりました。土曜日と日曜日と合わせて3連休にするためです。今年は秋分の日が9月23日(日)だったので、24日が振り替え休日になり3連休になりました。
Well, September is almost over. Since September has many holidays, it feels like it goes by quickly. September’s holidays are Respect for the Aged Day and the Autumn Equinox. The Autumn Equinox changes every year, and Respect for the Aged Day is on the 15th. In 1935 the “Happy Monday” policy began which caused holidays to be observed on Mondays. This was to create more three day weekends. The Autumn Equinox was on the 23rd this year, but was observed on the 24th in order to make a three day weekend.

この2回の祝日ですが、実は秋分の日が水曜日になると良い事があるのです!1985年に、法律の改正があって、祝日と祝日の間に1日だけあるときは、「国民の休日」という休日になる事になったのです。そのため、土曜日―日曜日―敬老の日―国民の休日!-秋分の日という5連休ができる可能性があるのです!
When there are two close holidays like this, it is best if the Autumn Equinox falls on a Wednesday. This is because in 1985, a new law passed which creates an extra day off when there is only one regular day between two holidays. Thus, in such as case, you would have Saturday, Sunday, Monday, Tuesday, and Wednesday off! The Autumn Equinox has the potential to give us a 5-day long holiday.

この5連休の事をシルバーウィークと呼ぶそうですが、残念な事にこのシルバーウィークはとても珍しいです。過去には2009年と2015年にありましたが、これからはしばらくありません、次回のシルバーウィークは2026年だそうです。
When this 5-day long holiday happens, it is called Silver Week. Unfortunately, Silver Week is very rare. The last time Silver Weekend happened was in 2015, and 2009 before that. The next time it will occur will not be until 2026.

ゴールデンウィーク(黄金週間)に比べて、9月に5連休になる可能性がとても低いので、シルバーの代わりにプラチナ(白金)週間と呼ばれることもあるそうです。おもしろいですね。
Compared to Golden Week in the spring, September’s five day holiday is very rare. As a result, sometimes people call it Platinum Week instead of Silver Week. How silly!

それではまた、10月に!
See you in October!

今月の文化 2018年8月

今月の文化 2018年8月
This month’s culture lesson (August 2018)

こんにちは!
Hello everyone!
もう8月になってしまいました。早いですねー。
I can’t believe it’s already August! Time sure flies.

去年の8月にはお盆について話しました。今年はとても台風が多くて、困ってしまったので、今月は、台風について話をしようと思います。
Last year, I talked about Obon during August. This year, since Japan has been plagued by a number of bad typhoons this month, I’d like to talk about typhoons.

台風は日本では名前ではなくて番号をつけます。番号は1月1日にリセットされて、毎年1号から始まります。
In Japan, typhoons are referred to by number instead of name. The numbers reset on January first, so every typhoon season starts with “Typhoon No. 1.”

台風が多いのは8月から10月までの間です。一番多いのがだいたい9月ごろです。
Typhoons are most frequent between August and October. September usually has the most typhoons.
最近は異常気象のために台風の発生数も多く、発生する時期もはやくなっているように思います。
Recently there has been a lot of abnormal weather, and so the number of typhoons has increased. Typhoons are also appearing earlier and earlier in the year.

過去に大変大きな被害を出した台風があって、昭和の「三大台風」と呼ばれています。
The three most destructive typhoons of the past are called Showa’s “Three Great Typhoons.”

1934年の室戸台風(むろとたいふう)と、1945年の枕崎台風(まくらざきたいふう)と、1959年の伊勢湾台風(いせわんたいふう)です。
They are 1934’s Muroto Typhoon, 1945’s Makurazaki Typhoon, and 1959’s Isewan Typhoon.

2つ目の枕崎台風は、1945年の9月17日に鹿児島県に上陸したそうです。その後日本を縦断して、とても大きな被害を残したそうです。
Number 2, The Makurazaki Typhoon, made landfall on September 17th, 1945 in Kagoshima Prefecture. After that it blew across Japan, causing great damage in its path.
この台風は終戦後1カ月しかたっていない時に来たので、広島の人々は特に大変な思いをしたという記録が残っています。
This typhoon struck not one month after the end of the Pacific War, and records show that it was especially difficult on the people of Hiroshima.

3つ目の伊勢湾台風は、1959年の9月27日に発生しました。非常に大きな台風で、日本では死者と行方不明者を合わせて5000人になったという事です。行方不明になった人も多数いて、本当に被害が大きな台風だったという記録があります。
Number 3, the Isewan Typhoon, struck on September 27th, 1959. It was an especially powerful typhoon, and there were over 5000 reported deaths and missing persons as a result. Due to the large number of missing persons, it is recorded as being and incredibly destructive typhoon.

私は子供のころから台風が好きでした。なにか台風が来る少し前の天気は、薄暗くて空気が重くて、外に誰もいないので、なにか違う世界に来たような気がしてウキウキしました。
Since I was a child, I have liked typhoons. The weather before a typhoon comes is gloomy and the atmosphere is heavy. There are no people outside either, so it felt like I was in a different world and made me excited.
大人になっても嵐の前の雰囲気は好きですが、建物がこわれたり、木が倒れたり、田畑で収穫ができなくなったりと、悪い事の方が多いですからあまり来てほしくないですね。
Even as an adult, I like the atmosphere before a big storm. However, since buildings can be damaged, trees can fall down, and harvests can be ruined, the bad parts outweigh the good and I don’t really want them to come anymore.

 

今月の文化 2018年7月

こんにちは。7月になりましたね。

今年の夏は世界で記録的な暑さになっています。みなさんの地域はどうでしょうか?
日本でも毎日40℃(104℉)くらいの気温になっている所もあるようです。熱中症という病気になる人もたくさんいます。
This summer we are having record breaking heat. How is your region? In Japan, some areas have been recording temperatures of 104 degrees F every day. A lot of people have gotten heat stroke due to the weather.

エアコンをつけることで部屋の中を涼しくすることはできますが、外を涼しくすることは難しいですね。
外を涼しくする方法の一つに、「打ち水(うちみず)」というものがあります。これは、外に水を撒くことでアスファルトの中に熱がたまることを防いだり、気化熱(きかねつ)によって周囲の温度をさげ、涼しくなることを言います。
打ち水の習慣は500年以上前からあるようです。俳句や浮世絵の中に打ち水のようすが描かれています。
AC can cool the inside of a room, but it’s difficult to make the outside cooler. One way to make it cooler outside is called “uchimizu.” Uchimizu is the sprinkling of water on the ground. When the ground gets wet and cools down, it can prevent the asphalt from becoming over-heated. Also, it can remove heat by evaporation and make the ground temperature lower. Uchimizu has been done since more than 500 years ago. Uchimizu appears in some haiku and ukiyoe from that era.

打ち水は日陰ですることで効果が出ます。日なたの熱い所に水をかけても、すぐに蒸発してしまって意味がありませんし、湿度があがって蒸し暑くなります。
気温が上がりすぎていない朝と夕方にするのが効果的だそうです。
Uchimizu is effective when you do it in the shade. If you do it in the sun the water evaporates immediately and just creates more humidity. Mornings and evenings are the most efficient times to do uchimizu.

熱中症にならないように、みなさん外出するときは気を付けましょうね。
Let’s be careful when going out! We don’t want to get heat stroke.

それでは、また8月に!

今月の文化 2018年6月

こんにちは!6月ももうそろそろ終わりですね。
Hello! It’s almost the end of June.

最近は雨が降ることが多くて、気温も高くて湿度も高いので、不快な天気です。このように、湿度と気温が高く、雨が多い6月くらいの時期の事を、「梅雨」といいます。
It’s been rainy and humid and hot! This is very uncomfortable weather. This kind of weather happens around the end of June and is called tsuyu.

私の一番嫌いな季節です。みなさんの国にも梅雨はありますか?
どうしてこの時期の事を「梅雨」と呼ぶのかというと、色々な説がありますが、一つは梅の実が熟す頃だからだと言われています。
確かに、最近はスーパーなどで梅をよく見かけます。日本では自分の家で梅ジュースや梅酒を作るのが盛んです。梅雨の時期にスーパーに行くと、梅酒を作るキットをたくさん見ることができます。
Tsuyu is my least favorite season. Does tsuyu or something similar exist in your country?
The reason people call it 梅雨(梅:Plum and 雨:rain) is that June is the season when plums become fully grown. In fact, I’ve seen a lot of bags of plums at the supermarket recently. Making plum juice and homebrewed plum wine is a common hobby in Japan. You can see a lot of “plum wine kits” on sale at supermarkets in this season. It looks easy to make.

梅雨が始まる事を「梅雨入り(つゆいり)」または「入梅(にゅうばい)」といい、梅雨が終わることを「梅雨明け(つゆあけ)」と言います。この、梅雨の期間はだいたい一か月くらいだと言われています。
The start of tsuyu is called 梅雨入り(tsuyuiri) or 入梅(nyubai) and the end of tsuyu is called 梅雨明け(tsuyuake). The duration of tsuyu is about one month.

この時期には急な大雨や食品のカビに気を付けないといけません。最近は異常な大雨が各地で降ることがありますので、天気予報を確認してでかけたほうがいいと言われています。
In this season, we need to be careful of sudden heavy rain and food getting moldy due to the extreme humidity. Recently extremely heavy rainstorms have occurred in several locations, so we have to check the weather forecast before going out.

北海道にはあまり梅雨がないそうですから、6月くらいは北海道に旅行に行く人が多いようです。6月には祝日が一日もありませんし、梅雨が来ますし、あまりいい季節ではありませんが、北海道に旅行するにはいい時期かもしれませんね。
Hokkaido doesn’t seem to have tsuyu in June, so many people travel to Hokkaido. June doesn’t have any holidays, and it’s a rainy month, so it’s not really a great month. But it may be good for traveling to Hokkaido!

それではみなさん、また7月に!

Japanese Grammar Review