Category Archives: Uncategorized

今月の文化 2020年 8月 熱中症

今年の6月には、涼しい梅雨についてお話ししましたが、7月から段々と暑くなってきて、8月になってからは毎日のように気温が35℃以上の日が続いています。
8月は夏休みもあるので、人々が出かけて新型コロナウイルスの感染者数も増えてきましたが、最近では新型コロナウイルスで亡くなる人よりも熱中症で亡くなる人の方が多いとニュースになっていました。
I talked about how cool this year’s tsuyu was in June, but the temperature went up after July. It’s been over 35 ℃ almost every day in August. COVID-19 infections increased due to summer vacation, but according to the news, more people have died from heat stroke recently than COVID-19.

東京の自宅で熱中症のために亡くなった人の家の写真を見ましたが、古くて小さい木造の家でエアコンはついていませんでした。高齢の夫婦が二人とも家で亡くなっていたそうです。
I saw a picture of a house where two elderly people died. The house was a small, old, wooden house without an AC unit.

現在の高齢者の人々は、あまりエアコンを使う事に慣れていません。昔はみんな窓を開けて扇風機をつけるだけで暑さをしのいでいたのです。電気がなかった時代には箱の中に氷を入れて冷蔵庫の代わりに使っていたそうです。
Elderly people in Japan are not really used to using AC. When they were young, they just opened the windows and doors and used only a small fan to release heat from their houses. Before electricity, people used ice boxes to keep food cool.

昔はそのような生活でも大丈夫でしたが、今は異常気象だし、窓や玄関を開けっぱなしにしていると危ないですから、やっぱりエアコンは必要です。
That lifestyle was doable back then, but now temperatures have become dangerously high and it’s dangerous to keep windows and doors open. I think having an AC unit is necessary to survive in this heat.

エアコンがない部屋でお年寄りがなくなるニュースが本当に多いですから、エアコンを使えるように、地域の人や家族がお年寄りを助けていくようにしていかないといけないなと思いました。
Everytime I see on the news that elderly people have died due to lack of AC, I really hope that others can get help from their neighbors and family.

今月の文化 2020年 7月 7月の祝日

先月は梅雨の話をしましたが、7月になってもまだ梅雨はあけていません。今年の梅雨あけは8月になるかもしれないとも言われています。
最近は本当にたくさん雨が降っています。ほとんど毎日雨が降っているように思います。九州では大きな洪水があってたくさんの被害が出ました。天気がおかしくなることが本当に怖いですね。
I talked about the rainy season last month, but it hasn’t ended yet although it’s the end of July. Some people say that the rainy season might continue until August. It has been raining almost every day, and there was a big flood in the Kyushu area. The weather has been really unpredictable and scary.

7月の祝日というと通常は「海の日」だけですが、今年は10月の祝日の「スポーツの日」が7月に移動しましたから、4連休になりました。どうして祝日が移動したかと言うと、東京オリンピックの予定があったからです。本来なら、7月24日に開会式を行う予定でした。
Normally, there is only one holiday in July, called Sea Day. But this year, a holiday normally in October, called Sports Day, was moved to July because of the Olympics. Originally, the opening ceremonies were scheduled to be held on July 24th.

新型コロナウイルスの流行のために、東京オリンピックは来年に延期されましたけど、来年はどうなっているでしょうか。オリンピックが延期されましたから、来年の祝日も移動するようです。10月の「スポーツの日」は7月に移動するようです。
However, due to the pandemic, the Tokyo Olympics was postponed to next year. Therefore, the government has discussed moving the holiday again next year.

オリンピックという大会はすごいですね。国の祝日が移動してしまうんですから。何の心配もしないでオリンピックを楽しめる日が来るといいですね。
I am impressed by the Olympics. It has the power to move national holidays around. I hope someday we can enjoy the Olympics without worry again.

今月の文化 2020年 6月 梅雨とマスク

6月は梅雨の季節です。
梅雨と言うと、毎日のように雨の日が続いて、暗くて蒸し暑い印象ですが、最近は天気がおかしいので、晴れの日が続いたり、大雨になったり、洪水になったり、極端な天気が続いています。
June is the rainy season.
The rainy season is known for its rainy, humid, and hot weather everyday. However, due to recent strange weather patterns, we have been having extreme weather, such as sudden huge rainstorms after a long string of sunny days. It causes flooding.

中国では今年は大変な大雨の災害が起きたそうです。日本でも九州では毎日のように雨が降り続いて、洪水になりました。たくさんの人は非難をしましたけど、今年は新型コロナウイルスの影響で、避難する人もマスクをしたり検温をしたりし、距離をとって座ったりしないといけないので、気を使うそうです。
There was a huge disaster caused by rain in China recently. There was a flood in the Kyushu area as well. Many people evacuated to the same places as usual, but this year they suffered difficulties due to COVID-19. People had to wear masks and keep social distances, so they needed to be cautious even after being evacuated.

梅雨が終わったら今度は夏が始まります。去年の冬が暖かかったので、夏も厚くなるのではないかと言われていましたが、やっぱり熱くなるみたいですね。
Summer will start after the rainy season. People say this summer is going to be hot because of the warm winter last year.

アメリカに住んでみて思いましたが、日本は街に木が少ないです。災害の防止のために木の葉っぱも切り落としてしまう所もあって、道を歩いているとあまり日影がありません。
先日、東京の空中写真をみましたが、本当にビルばっかりで炎天下の中マスクをして汗を拭きながら歩くサラリーマンがたくさんいて、大変そうだなと思いました。
地球温暖化が進む事も考えて、もっと街の中に緑を増やしていけるといいですね。
I realized after I lived in the US that Japan lacks trees in the cities. In addition, tree branches are cut short to prevent disasters like floods caused by leaves blocking storm drains. It’s hard to find shade on the sidewalks.
I looked at pictures of Tokyo the other day and saw businessmen wearing masks wiping their sweat in the blazing sun surrounded by only buildings. Global warming will affect us a lot more in the future, so we need to start adding greenery to cities.

今月の文化 2020年 5月 緊急事態宣言

5月も終わりになります。
May is already over.

5月と言えばゴールデンウィークですが、今年はゴールデンウィーク中に緊急事態宣言が出ていましたから、人々はでかけてはいけないという事になってしまいました。
When speaking of May, Golden Week is the first thing that comes to mind. This year, due to a state of emergency having been declared, people were not allowed to travel during Golden Week.

4月から感染者はどんどん増えていましたので、5月の連休に外出する人が増えるのではないかと心配しました。多くの都道府県では、国の緊急事態宣言に加えて、独自の緊急事態宣言を出しました。各都道府県の知事は、住民に対して「外出しないようにしてください」とたくさんお願いをしました。
During April, the number of infected patients rose steadily. People were worried that the number of infections would increase even more during the May holidays. Many prefectures made their own state of emergency declarations on top of the central government’s declaration. Each prefecture’s governor asked their residents repeatedly not to go outdoors.

今年のゴールデンウィークは5連休もありましたから、たくさんの人が出かけてしまうのではないかと、みんなは心配しました。結果として、外出する人もいたようですが、色々なお店や観光スポットが休業していたので、そんなにたくさんの人が出かける事もありませんでした。とても良い結果になりました。
This year’s Golden Week was a five day long holiday, so everyone was worried that lots of people would leave their houses during the break. While some people did go outside during Golden Week, shops and sightseeing locations remained closed, so after all not that many people went out. The end result was very positive.

ゴールデンウィークで感染する人が増えてしまうと、爆発的に全国に広がってしまいます。観光で感染者が他の県に遊びに行くと、遊びに行った先の県でも感染が広がってしまいます。
If the number of infections had gone up during Golden Week, the whole country would have seen an explosive increase in infections. Infected people would have gone sightseeing in other prefectures, carrying the coronavirus with them and spreading it wherever they went.

移動をしないという事は本当に大切な感染予防の対策です。私はあまり外出が好きではないですから、今回の移動制限はそんなに困った事ではなかったんですが、外出が好きな人や、他の人と話したりするのが好きな人はとても困っているようでした。
Staying in place is a very important infection prevention measure. Personally, I don’t need to go out that often, so it wasn’t difficult for me to stay indoors during this period. However, for people who love going out and talking to other people, it was very difficult.

オンラインでできる事はオンラインで行うようにして、外出をしないでも楽しい生活ができるようにみんなで工夫しなくてはいけませんね。
Right now it’s important for everyone to do as many things online as possible, and to discover new ways to enjoy life without going out, isn’t it?

今月の文化 2020年 4月 布マスク

先月に新型コロナウイルスのためにマスクが売り切れているという話をしましたが、その後も「使い捨てマスク」の状況はあまり変わっていないみたいです。毎朝ドラッグストアで売っているという事ですが、朝に並んで買う人がいるので、お昼くらいにはもうなくなるそうです。そのため、北海道では朝に売るという事をしないで、一日の中のどこかでマスクを店頭(てんとう)に並べて、朝に来るお客さん以外でもマスクが買えるように工夫(くふう)しているそうです。
Last month I talked about the inability to buy face masks due to COVID-19. The situation hasn’t changed much regarding disposable face masks. People say you can buy them at drug stores in the mornings, but people line up every morning, so they are always slod out by noon. In Hokkaido, drug stores have stopped selling face masks in the morning for the sake of people those who cannot line up all morning.

その他にも、都道府県ごとに工夫している場所があります。たとえば、「マスク購入券」を住民(じゅうみん)に配ってその券を使ってマスクを買う事ができるようにしたり、ドライブスルーで、市役所などでマスクが買えるようにしたりしているようです。
Other prefectures have other unique plans. For example, some prefectures distributed “mask tickets” to residents. This “mast ticket” allows residents to buy up to 2 boxes of disposable face masks.

マスクと言えば、有名になったのは日本の政府がマスクを全世帯に2枚配ると決めた事です。たくさんの人はあまり良い反応をしませんでした。
そのマスクをもらった人によると、サイズが小さすぎて鼻と口がカバーされなかったり、臭いが臭かったり、色が茶色くなっていたりしたようです。
Speaking of face masks, the most famous face masks in Japan right now are the ones which the Japanese government shipped to every household in Japan. They decided to buy a lot of cloth face masks and distribute them to people. A lot of people had negative reactions to this plan. According to people who already received the face masks, the size was too small for adults, so it didn’t cover both their mouth and nose. Also, some are stinky or a bit discolored.

総理大臣は、布マスクは何回でも洗って使えると言っていましたが、何回も洗うと効果も低下するのであまりお勧めできませんね。それに、布マスクは使い捨てのマスクと違って、お店で問題なく買う事が出来ます。
高いお金を使って小さいマスクを2枚もらうより、自分でお店に行って、好きなタイプの布マスクを買う方がいいと思います。あの政府が配った布マスクは大量の高価なゴミにならない事を願います。
The Prime Minister told us these face masks are washable and reusable, but if you wash them many times, the effectiveness will drop. Also, people have no problem buying cloth face masks. I think it would be nice to buy my preferred face masks bymyself instead of receiving cloth masks at great expensive from the government. I just hope these government face masks won’t become am enormous pile of expensive trash.

今月の文化 2020年 2月 暖冬

今は2月だというのに4月のような温かさです。このように、冬なのに暖かい日が続くことを「暖冬(だんとう)」と言います。
Even though it’s February, it feels like it’s already April. When winter is warm like this, it is called “暖冬.”

 子供のころと比べると、最近は暖冬になる年が多くなったと思います。特に今年の暖冬は本当に暖かいです。もう桜が咲いている所もあるそうですよ。
 雪が降らないと移動が楽ですから生活は楽でしたが、雪が少なすぎるのもなんだか寂しいですね。北陸では雪がほとんど降りませんでしたから、営業できなかったスキー場があったり、天候に影響されて野菜の育ち方が変わったりして、農業や経済に悪い影響が出たそうです。
Comparing recent winters with winters when I was a child, the frequency of 暖冬 has increased. This year’s winter has been especially warm. I heard that some prefectures’ cherry blossoms have bloomed already. Since it didn’t snow this year, transportation was not too bad and my life was easier, but I still missed the snow. The Hokuriku area didn’t get much snow, so some ski slopes couldn’t even open this season. Vegetables also grew irregularly, so farmers and the economy were negatively effected.

毎年の天気がおかしくなってくると、色々な仕事に影響が出て、色々な人の生活に影響が出るでしょう。私たちにできる事は、環境への影響を考えながら生活をしてくと言う事でしょうね。
When the climate behaves strangely, it can have a strong effect on businesses as well as our daily lives. The important thing for us to do is to be mindful about our environment and think carefully about how our actions affect it.

今月の文化 2019年11月

今月の文化2019年11月

2019年ももうすぐ終わってしまいますね。あっという間に12月になってしまいました。みなさんの今年の1年は早かったですか?2020年まであと1カ月です。やり残したことがないように、12月にやりたい事を色々とやっておきたいですね。
2019 will end soon! It’s already December. I feel like this year was short. Do you feel like it was fast too? We need to think about what do we need to do before 2020 arrives. We only have one month left.

さて、11月とはあまり関係がありませんが、最近私は千羽鶴を折る手伝いをしましたので、千羽鶴についてお話ししようと思います。
千羽鶴と言うのは、その名前の通り、1000羽の鶴の事です。折り紙で1000羽の鶴を折って、それを糸でつなげて大きな飾りにするのです。
This month, I had a chance to participate in making senbazuru, so I will talk about senbazuru this month. Sen means a thousand and tsuru (zuru) means crane, so senbaduru means a thousand cranes. We make a thousand crane using origami and tie them up.

身近な人が入院したときや、長期間病気の時などに、その人を励ますために作られています。鶴は長寿のシンボルで、「長生きをしてほしい」「病気を治して良くなってほしい」という願いが込められています。千という数は、「たくさん」という意味がありますから、千羽ちゃんと作らないといけないという事もないようです。
People make senbaduru when people close to them get sick and suffer for a long time. The crane is a symbol of long life, so people make cranes in hopes that the person gets better soon and lives for a long time. “A thousand” is a metaphor for “a lot,” so it doesn’t necessarily mean precisely one thousand.

100円ショップなどでも千羽鶴用の折り紙も売られていて、千羽鶴を折る事は今でも普通に行われているようです。
You can find origami for senbazuru at stores like 100 yen shops, so it seems like making senbazuru is still a common custom today.

気を付けないといけない事は、大勢の人が千羽鶴を作って一つの所に送ると、送られたところが困る可能性があるという事です。例えば地震の被害にあった場所などに大量の千羽鶴が送られるという事があります。千羽鶴は大きいものですから、保管するために広いスペースが必要ですし、処分するために費用が掛かります。「何かしたい」という気持ちは受け取る相手の事を考えて伝えられるといいなと思います。
One important thing to consider is the feelings of the recipients. Many people make senbazuru to send to areas which were damaged in natural disasters. Senbazuru are pretty big things, and they require lots of space to store them. Even throwing them out can cost money. We all have the feeling that we want to do something, or that we want to encourage others, but I think we should stop to think about what kind of support is most needed.

今月の文化 2018年12月

みなさんこんにちは。

もう12月ですね。クリスマスが終わると、あっという間に年末になります。みなさんの国では年末と正月の休みは何日くらいありますか?日本では大体12月29日から1月3日までの休みが一般的です。大体一週間ぐらいですね。
It’s December already. Time flies very quickly after Christmas. How long is your country’s holiday season around the new year? In Japan, it generally starts on December 29th and lasts through January 3rd. So it’s about one week.

 さて、日本では年末に行う行事が色々あります。その中の一つが「お歳暮(せいぼ)」です。お歳暮というのは、お世話になった人に1年間の御礼の気持ちをこめてギフトを送る習慣です。昔は会社の上司や仕事でお世話になった人などに送っていましたが、最近では親族や親しい友人などに送ることもあるそうです。
There are a lot of things to do before the end of the year in Japan. Oseibo is one of them. Oseibo is the custom of sending gifts to people whom you want to thank. This tradition used to be a work-related event, but nowadays people send oseibo to relatives and close friends too.

 お歳暮を贈る時期は大体12月13日から20日くらいまでに送った方がいいと言われています。あまり遅くなると、年末の忙しい時期にお返しを考えなくてはいけないので迷惑になる可能性があります。
おそくなってしまった場合は、「お年賀」という名前でギフトを送った方が良いそうです。「お年賀」は松の内(まつのうち)が終わる時期までに送った方がいいです。松の内というのは、門松(かどまつ)おなどの正月の飾りを飾っておく時期です。これは関東地方では1月7日で、関西地方では1月15日と言われています。
The time to send oseibo is between December 13th and 20th. If you are not able to send it within thT time period, it can be troublesome for the receiver because they have to think about a return gift during the busy holiday season. For that reason, it’s common to call the gift onenga instead of oseibo. Onenga means “happy new year.” You can send onenga gifts from the end of the year to the end of Matsunouchi. Matsunouchi is the final day in which your house is decorated with new year decorations (such as kadomatsu). Matsunouchi differs from region to region. In the Kanto area its January 7th. In the Kansai area it’s the 15th.

 お歳暮で送る物は、ハムやソーセージなどのセットや、お菓子の詰め合わせ(つめあわせ)、ビールのセットや日本酒などです。大体3000円~5000円くらいの物が普通です。
Common things to give for oseibo are gift sets of preserved ham and sausage, cookies, beer, sake, etc. The common price range is 3,000yen to 5,000yen.