今月の文化 2021年 2月 寒中見舞い

2月といえば節分ですが、毎年節分は2月3日ですが、今年は2月2日に行われました。これはとても珍しい事で、前回は1897年に2月2日になったようです。1984年には節分の日が2月4日だったようです。どうして節分の日が2月3日じゃない時があるかというと、立春の日がずれるからだそうです。節分は立春の日の前日と決まっていますから、立春の日がずれると節分もずれるという事です。
As for February, Setsubun is the most famous event. Usually, Setsubun falls on February 3rd, but this year Setsubun fell on February 2nd. This is a very rare thing. The last time it happened was in 1987. In 1884, Setsubun was on February 4th. The reason for that is because Risshun, the start of spring day, falls on a different day this year. Setsubun is the day before Risshun, so if Risshun moves Setsubun moves as well.

立春といえば、「寒中見舞い」を出せるのは立春までと決まっています。「寒中見舞い」というのは、「暑中見舞い」の冬バージョンのようなものです。どんな時に出すかというと、年賀状の返事を出すのが遅くなった時や、喪中の人に年賀状を出せなかったときに、年賀状の代わりに出します。
Risshun is the deadline for sending kanchu-mimai. Kanchu-mimai is like a winter version of shochu-mimai. You can send kanchu-mimai when you want to reply to a nengajo but it’s too late to send a nengajo yourself, or when you want to send a greeting card to someone who had a family member die the previous year.

年賀状はだいたい1月7日までの「松の内」と呼ばれる期間に出しますが、それより遅くに年始の挨拶のハガキを出したい場合は、「寒中見舞い」を出します。それから、1年の間に家族が亡くなった場合は、家族が亡くなって1年間は喪に服す「喪中」という期間なので、年始のお祝いをする年賀状は送らない事になっています。喪中の人に対しても年賀状は送りませんが、何か挨拶のハガキを出したいときに、年賀状の代わりに「寒中見舞い」を出したりします。喪中なのに年賀状が届いてしまった場合の返事も、「寒中見舞い」として出します。
Nengajo should be sent by January 8th, within the matsunouchi period. If you want to send a greeting card after matsunouchi, you can send kanchu-mimai instead. Also, if a family member died during the previous year, the mourning period started and lasts for a year. That year is called mochu. You should not send nengajo during mochu. If you receive nengajo during mochu and you want to send some kind of greeting card in response, you can send kanchu-mimai instead.

このように、「寒中見舞い」は年賀状ほど有名ではありませんがなかなか便利な挨拶方法なのです。1月8日から立春の日までの期間しか出せませんから、忘れないようにしなくてはいけませんね。
Kanchu-mimai is not as famous as nengajo, but it is a useful tool to use. Kanchu-mimai are only sent between January 8th and Risshun, so be careful not to miss it.