今月の文化 2022年 3月 花見の場所取り

春の桜の季節になりました。まだ日本では桜が咲いている所は少ないですが、少しずつ暖かくなってきたのでこれからどんどんと桜が咲いてくると思います。
It’s spring and the season of cherry blossoms! The blossoms have not fully bloomed yet in Japan, but since it’s getting warmer, I think the flowers will bloom soon.

桜の話題で以前「花見」の話をしましたが、今回は花見の場所取りについてお話をしようと思います。お花見はお昼でも夕方でもいつでもできるのですが。友人や会社の人が集まってお酒を飲みながらするのは夜が一般的です。
As for cherry blossoms, I talked about ohanami previously. This time, I’d like to introduce a custom related to ohanami called basho tori (reserving seats). Technically, people can do hanami anytime, but if they want to have liquor and party with friends or co-workers, it’s common to do it at night.

夜にお花見をするために、当日の早朝から場所をとっておいたりするそうです。会社で行われる花見では、場所取りは新入社員の仕事で、人気のお花見スポットで大人数で花見をする場合にはなんと前日の夜から場所取りをする事もあるそうです!
To do hanami at night, some people go to the location early to claim their spot before hanami starts. If it’s a company-organized hanami party, usually a new employee is assigned to this “job.” If the location is very popular, he/she might have to go there the day before the hanami party to claim the location.

なんとも嫌な仕事だなぁと思ってニュースなどを見ていましたが、新型コロナウイルスのおかげで会社の飲み会やパーティーが減り、お花見の場所取りもそんなに大変じゃなくなったみたいです。
Every time I see news about basho tori, I think it is a terrible job to do. However, thanks to COVID, the number of company drinking parties (and other sorts of parties) has declined, so it’s not too hard to get a nice spot for hanami nowadays.

良い場所をとるために時間と労力を犠牲にするより、静かな場所でのんびりと花見を楽しんだ方が私は好きですから、場所取りの文化が理解できませんが、今年もみなさんが美しい夜空と美しい桜を楽しめるといいなと思います。
I’d rather enjoy a quiet and relaxing hanami gathering than spending lots of effort and time to take “the best location,” so I can not understand the culture of bashotori. I just hope that everyone can enjoy a beautiful night view of cherriy blossoms this year.