今月の文化 2022年 4月 たけのこ堀り

4月になるとたくさんの春の食べ物が出てきますね。レストランや居酒屋などで「春メニュー」が見られるようになります。一つの代表的な春の食べ物というと「タケノコ」です。
In April, all sorts of spring foods begin to appear. You can find “spring menus” at restaurants and bars. One of the most famous of these spring foods is takenoko (bamboo shoots).

タケノコは4月下旬に出てくる竹の芽です。竹は硬くて太いですが、タケノコは茹でると柔らかくて食べやすくなります。タケノコが良くとれる山では、毎年タケノコ堀りのイベントがありますから、家族などがタケノコ堀りに行くニュースを見ます。
Takenoko are young bamboo shoots that spround in April. Bamboo is hard and tough, so if you boil takenoko it becomes soft and easy to eat. In mountains where lots of bamboo plants grow there are annual takenoko digging events, and you can see families going into the mountains to dig up shoots on the news.

私はタケノコ狩りをしたことはないですが、土から出てきたばかりの小さなタケノコが美味しいそうです。タケノコは山でとってきた後にすぐに食べることもできるそうですが、一般的にはお湯でゆでて灰汁抜きをします。灰汁抜きをすると苦い味がなくなって食べやすくなります。
I’ve never gone takenoko hunting, but I think fresh bamboo shoots peeking up from the ground look delicious. Apparently you can eat fresh takenoko right after taking it out of the ground, but most people boil them to remove the bitterness. Removing the bitter flavor makes them much easier to eat.